本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


調理学基礎実習(専門教育)

担当教員  佐々木 可奈恵
授業形態・単位等 実習、1単位
授業の概要  「調理学入門実習」に引き続き、食品の調理性に基づいた基礎的知識と系統的な調理技術の理解を深める。各国の代表料理や食の文化についても理解を深め、科学的な思考力を養いながら調理技術の向上をはかり、安全でおいしい調理品を作る実践能力を培う。給食管理の実習においても応用できるよう、実習最終回には、日常食の献立作成・調理をグループワーク形式で実施する。
学生の到達目標  1.適切な調理方法、調理器具が選択できる
2.材料の正しい計量法、数量の把握および適切な食材の扱い方を理解し実践できる
3.各基本的な調理法について、材料の標準的配合および調味%を理解し応用できる
4.調理における食品の変化について理解し、応用できる
5.調理における衛生について理解し実践できる
授業計画 1.オリエンテーション(授業概要、授業の進め方、評価の方法等)(講義)
実習室清掃
2.牛乳、乳製品を使用した料理(実習)
3.日本料理1(実習)
 刺身の作り方他
4.フランス料理講習会参加(学外講義)
5.日本料理2(実習)
 蒸し物料理他
6.西洋料理1(実習)
 煮込み料理他
7.日常食の献立構成、献立作成の要点と実際、(講義)
8.日本料理3(実習)
 天ぷら他
9.中華料理1(実習)
 炸菜(揚げ物)の調理、湯(中華だし)を使った調理
10.クリスマス料理(実習)
 ローストチキン他
11.正月料理(実習)
 雑煮、おせち料理他
12.道産食品を使った献立作成、発注(講義)
13.西洋料理2(実習)
14.エゾシカ肉を使った料理(実習)
15.道産食品を使った献立実施(グループワーク)
16.実習まとめ(講義)
準備学習 事前にプリントを配布するので、それを基にテキストを読み、食材の特徴や調理方法について調べておくこと
評価の方法・観点 レポート(ノート)50%、実技試験50%により評価
単位認定試験規定第2条4を適用する
メッセージ 調理技術は実践して身につくものなので、自宅でも機会を見つけて調理するように心がけること