本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


調理学入門実習(専門教育)

担当教員  佐々木 可奈恵
授業形態・単位等 実習、1単位
授業の概要  おいしく安全な料理を提供するための基本調理の習得ならびに食品衛生の基本、安全な調理操作を身につける。和・洋・中の献立形式をとり、その中で献立、調理、配膳、食事のマナーに至るまで実践する。調理学の理論と関連づけながら食品の物性や栄養の変化を理解し、正しい知識、技術、態度を身につける。調理技術確認として計量テスト、包丁テストを実施する。
学生の到達目標  1.基本的な各種食品の扱い、計量方法や調理方法を習得する
2.調理操作による食品の変化について理解する
3.各基本的な調理法について、材料の標準的配合および調味%を理解する
4.調理時における手指の消毒法など食の安全衛生が配慮できる
5.和・洋・中の食文化に応じた献立構成、配膳や基礎的食事マナーを理解する
授業計画 1.オリエンテーション
 学習方法の説明、衛生管理、正しい箸作法
 計測道具類の扱い方、容量と重量の違いについて
2.衛生と基本の切り方(実習)
 衛生的な手洗い、計量テスト、野菜の切り方
3.日本料理1(実習)
 炊飯の調理、だしのとりかた、野菜類の調理、調味%計測
4.日本料理の献立構成と食事マナー、調味の割合(講義)
5.日本料理2(実習)
 煮干だしのとりかた、魚類、野菜類の調理
6.西洋料理および中国料理の献立構成と食事マナー(講義)
7.日本料理3(実習)
 味付け飯、貝類、卵の調理等
8.包丁テストおよび魚のおろし方(実習)
 きゅうりの輪切りテスト、魚の三枚おろし(廃棄率測定)
9.日本料理4(実習)
 肉類、魚類、野菜類、寒天の調理
10.西洋料理1(実習)
 パンの調理、卵、野菜類の調理、茶の入れ方
11.西洋料理2(実習)
 小麦粉、乳類、果物類、ゼラチンの調理、吸油率計測
12.西洋料理3(実習)
 小麦粉、肉類、いも類、野菜類・油脂の調理
13.中華料理1(実習)
 野菜類、肉類、イカ、豆腐の調理
14.中華料理2(実習)
 炒め飯の調理、乳類・寒天の調理
15.調理実技テスト(実習)
 調理実技テスト
16.講評とまとめ、食文化について(講義)
準備学習 事前にプリントを配布するので、それを元にテキストを読み、食材の特徴や調理方法について調べておくこと
評価の方法・観点 レポート(ノート)50%、実技試験50%により評価
単位認定試験規定第2条4を適用する
メッセージ 失敗を恐れず積極的に調理しましよう!