本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


ライフステージ栄養教育実習(専門教育)

担当教員  山崎 美枝
授業形態・単位等 実習、1単位
授業の概要   栄養指導論、ライフステージ栄養教育で学んだ知識を応用して、ライフステージ別の栄養教育について指導案作成とロールプレイを通し体験的に学ぶ。
学生の到達目標  1.ライフステージ別に栄養教育の課題を理解し、指導計画を立案できる
2.対象に応じた指導案を作成できる
3.指導内容にあった媒体を選択し有効に活用できる
4.集団指導技術を身に付け、指導を円滑にすすめることができる
5.カウンセリングの姿勢を理解し、個人指導を円滑にすすめることができる
授業計画 1.オリエンテーション、大学生に対する栄養教育(講義と実習)
 科目説明
 大学生に対する栄養教育テーマの設定(グループワーク)
2.3.栄養教育媒体の作成(実習)
 スターと卓上メモの作成(グループワーク)
4.妊娠期・授乳期の栄養教育(実習)
 母親学級における栄養教育の指導案作成とロールプレイ(集団指導)
5.妊娠期の栄養教育(実習)
 妊婦の体重増加、妊娠中毒症等に応じた食事指導の指導案作成とロールプレイ(個人指導)
6.乳児期の栄養教育 (実習)
 調乳・離乳食指導の指導案作成とロールプレイ(集団指導)
7.幼児期の栄養教育(実習)
 幼稚園・保育園での食育活動(集団指導)
8.学童期・思春期 の栄養教育とスポーツ栄養指導(実習)
 朝食欠食をテーマとした栄養教育の指導案作成とロールプレイ(集団指導)
9.10.成人期の栄養教育(実習)
 生活習慣病予防教室における栄養教育の指導案作成とロールプレイ(集団指導)
11.運動指導(実習)
 健康づくりのための運動指導の指導案作成とロールプレイ(個人指導)
12.高齢期の栄養教育(実習)
 高齢者の食事指導の指導案作成とロールプレイ(個人指導)
13.~15.職域等の場別栄養教育(実習)
 老人福祉施設、事業所(産業)等における栄養教育の指導案作成とロールプレイ(グループ発表)
準備学習 テキストで予習をする
課題プリントが配布されるので必ず期日までに仕上げ提出すること
評価の方法・観点 指導案等提出物   70%
グループ発表の内容 30%
メッセージ コミュニケーション能力が求められる実習です。積極的に取り組んでください。