本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


ライフステージ栄養教育(専門教育)

担当教員  山崎 美枝
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  1.ライフステージ別栄養教育に必要な知識を習得する。
2.国の施策や指針についてライフステージごとの要点を整理し習得する。
3.栄養教育における運動指導・休養指導について学ぶ。
学生の到達目標  1.ライスステージ別の栄養教育の特徴、課題、方法について理解し明示できる
2.運動指導の必要性、効果、方法ならびにスポーツ選手の栄養教育のポイントについて理解し説明できる
3.職域等の場別栄養教育のしくみについて理解し説明できる
4.集団指導、カウンセリングの技術と方法について理解し説明できる
授業計画 1.オリエンテーション、栄養指導関連の諸施策 (講義と演習)
 科目説明
 健康日本21第2次、食育基本法、第3次食育推進基本計画
2.妊娠期・授乳期の栄養教育(講義)
 妊娠期・授乳期の特徴と課題・方法
3.乳児期の栄養教育(講義)
 乳幼児期の特徴と課題・方法
4.学童期・思春期の栄養教育(講義)
 学童期・思春期の特徴と課題・方法
5.成人期の栄養教育(講義)
 成人期の特徴と課題・方法
6.高齢期の栄養教育(講義)
 高齢期の特徴と課題・方法
7.~9.栄養士と運動指導・休養指導(講義と演習)
 身体活動基準と指針、休養指針
 身持久力テストの実際と評価
10.スポーツ選手のための栄養教育(講義)
 スポーツ選手の栄養管理の特徴と期分けによる栄養指導
11.健康障害と栄養教育 (講義)
 一般治療食、特別治療食に関する栄養食事指導
12.特定給食施設における栄養教育(講義)
 病院、学校、職場、地域における栄養教育
13.栄養教育の技術と方法(講義)
 個別指導と集団指導、学習形態の種類と特徴、教材と媒体
14.栄養カウンセリング(講義と演習)
 カウンセリングの理解と基本技法
15.定期試験
16.講評とまとめ
準備学習 テキストで予習をする
課題プリントが配布されるので必ず期日までに仕上げ提出すること
評価の方法・観点 筆記試験100%
メッセージ 2年次のライフステージ栄養教育実習に繋ぐ基礎科目ですのでしっかりと取り組んでください。