本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


栄養指導論(専門教育)

担当教員  山崎 美枝
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  1.栄養指導の意義と目的を理解し、健康・栄養状態の評価・判定に必要な知識を習得する。
2.栄養指導プランを立てるために必要な基礎資料を得る方法、栄養指導効果の評価方法について学ぶ 
学生の到達目標  1.栄養指導の目的を理解し、その必要性を説明できる
2.栄養指導の手順を説明できる
3.日本人の食事摂取基準を理解し活用することができる
4.栄養指導に必要な基礎知識を理解し活用することができる
5.栄養アセスメントを理解し、その方法・特徴を明示することができる
6.国民健康・栄養調査の結果から、栄養摂取状況、身体状況、生活習慣の実態を説明できる
授業計画 1.オリエンテーション、栄養指導の概念(講義と演習)
 科目説明と栄養指導の概念
 グループ討議「現代の食の問題点について」
2.栄養指導の方法(講義)
 栄養・食生活の現状と栄養指導、栄養士業務と栄養指導
 健康教育と栄養指導、栄養指導の方法
3.4.栄養指導に必要な基礎知識「日本人の食事摂取基準」(講義と演習)
 日本人の食事摂取基準の基礎理論と活用方法
5.栄養指導に必要な基礎知識「食品成分表」(講義と演習)
 食品成分表の仕組みと使用方法
6.栄養指導に必要な基礎知識「食品分類」(講義と演習)
 3色食品群と6つの基礎食品
7.栄養指導に必要な基礎知識「食事バランスガイド」(講義と演習)
 食事バランスガイドの仕組みと活用方法
8.栄養指導に必要な基礎知識「食生活指針」(講義)
 食生活指針について
9.栄養アセスメントと栄養調査(講義)
 栄養状態評価の種類と方法
10.~12.栄養アセスメントの方法「食事記録調査と評価」(講義と演習)
 食事記録の栄養計算方法、栄養比率による評価方法
13.栄養アセスメントの方法「体位による評価」(講義と演習)
 身体計測、肥満の測定と評価、身体組成測定
14.栄養調査法「国民健康・栄養調査結果の概要」(講義)
 最新の国民健康・栄養調査の結果概要について
15.定期試験
16.講評とまとめ
準備学習 テキストで予習をする
課題プリントが配布されるので必ず期日までに仕上げ提出すること
評価の方法・観点 筆記試験 100%
メッセージ 食品成分表と電卓を準備して受講してください