本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


公衆栄養学概論(専門教育)

担当教員  山崎 美枝
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  地域社会や集団で生活をする人々の健康の維持・向上するために、栄養士がどのように実践活動していくかを知り、社会経済環境・自然環境等、栄養・健康・食生活へ影響を及ぼす諸要因の問題点を正しくとらえ適切な評価をし、改善への方策を立てることのできる力を養う。また保健・医療・福祉・介護システムと栄養問題、国の健康づくり対策と公衆栄養活動について学ぶ。
学生の到達目標  1.公衆栄養活動における食と健康の環境づくりを理解できる
2.公衆栄養マネジメントサイクルの各課程における目的、手法、留意点等を理解できる
3.栄養疫学の基本である食事調査の方法と特徴を理解できる
4.国民栄養の現状を理解し問題点を述べることができる
5.国の健康増進基本方針と地方計画の策定について理解する
6.食生活指針・運動指針・休養指針を理解できる
7.食事摂取基準の基本的な考え方と活用方法について理解できる
8.公衆栄養プログラムの根拠となっている法や施策、事業などについて理解できる
9.世界の健康・栄養問題の現状と政策について理解できる
授業計画 1.オリエンテーション、公衆栄養学の概念、公衆栄養活動(講義)
2.健康・栄養問題の現状と課題(講義)
 社会環境と健康・栄養問題
 健康状態の変化、栄養状態の変化、食行動・食環境の変化
3.公衆栄養関連法規(講義)
 地域保健法、健康増進法、食育基本法
4.管理栄養士・栄養士制度(講義)
 栄養士法、管理栄養士・栄養士養成制度
5.国民健康・栄養調査(講義)
 調査の目的・内容・方法
6.実施に関連する指針・ツール(講義)
 食生活指針、食事バランスガイド、身体活動指針2013、休養指針、睡眠指針
7.国の健康増進基本方針と地方方針(講義)
 健康日本21(第2次)、食育推進基本計画(第3次)
8.諸外国の健康・栄養政策(講義)
 世界の健康・栄養問題の現状、世界の健康・栄養政策
9.栄養疫学(講義)
 栄養摂取量、食事摂取量の測定方法、栄養疫学の方法・指標
10.11.公衆栄養マネジメント(講義)
 公衆栄養マネジメント、公衆栄養アセスメント
 公衆栄養プログラムの計画・目標設定・実施・評価
12.食事摂取基準(講義)
 日本人の食事摂取基準2015の概要
13.14.公衆栄養プログラムの展開(講義)
 母子保健、学童・思春期、成人期、高齢期対策、給食施設指導、
 危機管理と食支援、食環境づくり
15.定期試験
16.講評とまとめ(講義)
準備学習 テキストで予習をする。
常にニュース等で健康、栄養、食環境等の最新情報を確認する習慣をつけることが重要。
評価の方法・観点 試験100%
メッセージ この科目を通し、栄養士に求められる社会的役割を理解してください