本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


臨床栄養学実習(専門教育)

担当教員  前田 凉子
授業形態・単位等 実習、1単位
授業の概要  疾病の治療に食事療法が果たす役割が重要であることは誰もが承知である。1年次に履修した臨床栄養学・病態別食事療法をもとに病院給食の運営に最も大切な病態別の献立・それに沿った調理をスムーズに行うことを目的とする。
学生の到達目標  1.指示課題に沿った適切な献立を作成することが出来る。
2.献立に使用する適切な食品を発注する事が出来る。
3.献立に沿って、病態に適応した味付けや出来上がりを考えて調理が出来る。
4.出来上がった食事が病態に合う味付け・調理形態・盛りつけであったかレポートすることが出来る。
5.グループ毎に決められた時間内で調理・評価・後始末が出来る。
授業計画 1.献立作成について(講義、演習)
 食品成分表、治療食の献立作成とは、胃腸病の食事療法
2.3.炎症性腸疾患、胃炎(実習)
4.塩分制限食(講義、演習)
 減塩食をおいしく食べる工夫、腎臓病食品交換表、課題による献立作成
5.~7.高血圧症・動脈硬化症・腎炎・腎不全(実習)
 パソコンによる栄養計算
8.エネルギーコントロール食・脂質コントロール食(講義、演習)
 糖尿病食事療法のための食品交換表、課題による献立作成
9.糖尿病(実習)
10.合併症のある糖尿病(実習)
11.脂質異常症(実習)
12.脂肪肝(実習)
13.肝炎、肝硬変(実習)
14.鉄欠乏性貧血(実習)
15.まとめと補足
準備学習 あらかじめ病態の特色を把握しておき、それに沿った献立を作成するという心構えで臨むこと。
評価の方法・観点 1.献立・レポート(内容・提出期限)  60%
2.実習内容(調理技術・発表・後始末) 40%
メッセージ 栄養士としての献立作成の原点となるので、基本をしっかりと学ぶこと。