本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


病態別食事療法(専門教育)

担当教員  前田 凉子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  臨床栄養学に引き続き発症や進行に大きく影響ある生活習慣病を中心に各疾病毎に発表されているガイドラインや病態・栄養食事療法の原則に基づいた適正な栄養管理を行う能力を持った栄養士となるべく知識や技能を習得することを目的とする。
学生の到達目標  臨床栄養学と同じ内容であるがその上に、
1.特別食におけるコントロール食の各疾患への適応について説明できる。
2.厳しい制限を工夫しておいしく食べてもらえる献立作成が出来る。
授業計画 1.~3.循環器疾患
 高血圧症、動脈硬化症、虚血性心疾患、減塩食の工夫
4.~8.腎臓病
 急性・慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎臓病のための食品交換表、たん白質コントロール食
9.~11.腎臓病の合併症
 糖尿病性腎症、透析食
12.鉄欠乏性貧血
 食事療法、鉄摂取の工夫
13.骨粗鬆症
 予防と食事
14.食物アレルギー
 アレルゲン、代替食、回転食、交叉反応
15.まとめ
16.試験
準備学習 あらかじめ病態の特色を把握しておき、それに沿った献立を作成するという心構えで臨むこと。
評価の方法・観点 1.試験       80%
2.学習への取り組み 20%
メッセージ どんな立場に立っても予防医学に携わるという自覚を持つ。