本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


臨床栄養学(専門教育)

担当教員  前田 凉子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  栄養は健康の維持・増進に欠くことが出来ないものである。栄養の過不足が病気の発症・進行に直接関係ある場合が多々あり、栄養と全く無関係な疾病はない。
臨床における栄養を理解するために前期で学んだ「病気のなり立ち」や病態の理解のもとに栄養アセスメント・栄養補給法 特に食事療法の実際を広く学ぶことを目的とする。
学生の到達目標  1.栄養アセスメントに必要な臨床検査・栄養状態の評価や判定を食事と関連付けが出来る
2.栄養の欠乏・過剰による成因を疾病と関連づけることが出来る。
3.栄養法(経口・経腸・経静脈)の違いを消化器管と関連させて整理できる。
4.食事療法の目的を理解して、その原則を述べることができる。
5.病態の症状を把握して、治療の一環としての食事療法と結びつけることができる。
6.栄養基準を判断して、献立へ対応できる。
7.献立作成に必要な食品・調理との関連づけができる。
8.病態・性・年齢に対応して、献立展開の基礎を知ることができる。
授業計画 1.概論
 臨床栄養学、栄養アセスメント
2.栄養補給法
 経口栄養、経腸栄養、経静脈栄養
3.4.病人食
 一般食と特別食の種類と特徴
5.6.胃・十二指腸疾患、炎症性腸疾患
 急性・慢性胃炎、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病
7.~9.脂質異常症
 脂質・コレステロール・中性脂肪のコントロール食
10.~12.糖尿病、高尿酸血症
 1型・2型糖尿病、糖尿病のための食品交換表
13.14.肝疾患、胆道疾患、膵疾患
 肝炎、肝硬変、脂肪肝、胆石、胆嚢炎、膵炎
15.まとめ
16.試験
準備学習 あらかじめ病態の特色を把握しておき、それに沿った献立を作成するという心構えで臨むこと。
評価の方法・観点 1.試験 80%
2.学習へのとりくみ 20%
メッセージ どんな立場に立っても予防医学に携わるという自覚を持つ。