本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


ライフステージ栄養学実習(専門教育)

担当教員  前田 凉子
授業形態・単位等 実習、1単位
授業の概要  ライフステージ栄養学を基礎とする科目である。各ライフステージ毎に、よりよく生きるための栄養とそれに適合した食物を考えつつ献立を作成し、調理技術を養うために、
1.ライフステージ毎の生理・特徴をふまえ、献立に使用出来る食品を認識する。
2.ライフステージ毎に食事摂取基準を指標に適正な栄養量・時間・価格等を考慮した献立を作成する。
3.献立に沿って実習し、量・味・形態等出来上がりが課題の対象者に適当かお互いに評価する。
学生の到達目標  1.育児用調整粉乳を用いて調乳が出来る。
2.離乳食の月例に応じて使用出来る食品を判断できる。
3.離乳食の月例に応じて調理形態を考えつつ調理実習出来る。
4.幼児に対して適切な間食を理解し、食品を選び、調理実習出来る。
5.妊産婦、授乳婦に対しての付加量を理解し具体的に食品を選択し献立作成できる。
6.生活習慣病予防のための献立作成が出来る。
7.高齢者、嚥下障害者に対し食べやすい調理形態を念頭に献立作成や調理ができる。
8.献立表に基づき発注書を書くことが出来る。
9.献立表を見て対象者の生理機能や消化器官を考えつつ調理実習する事が出来る。
10.グループ毎に決められた時間内で調理・評価・後始末が出来る。
11.実習後考察、評価、レポート作成出来る。
授業計画 1.オリエンテーション
2.~4.乳児期・幼児期(講義1回、実習2回)
5.~7.学童期・思春期(講義1回、実習2回)
8.~10.妊娠期・授乳期(講義1回、実習2回)
11.12.成人期(講義1回、実習1回)
13.~15.高齢期(講義1回、実習2回)
準備学習 あらかじめ各ライフステージの特色を把握しておき、それに沿った献立を作成するという心構えで臨むこと。
評価の方法・観点 1.献立・レポート(内容・提出期限) 60%
2.実習内容(技術・発表・後始末)  40%
メッセージ 栄養士としての献立作成の原点となるので、食品構成表などの基本をしっかりと理解する。