本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


ライフステージ栄養学(専門教育)

担当教員  前田 凉子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  基礎栄養学で学んだ知識をもとにライフステージ毎に、各期の特性と生理的変化・正しい栄養摂取とその問題点を各人を取り巻く生活環境の視点から具体的に学ぶ事を目的とする。
学生の到達目標  1.母性(胎児期)から高齢期の各ライフステージ毎の身体的特徴と変化を列挙する事ができる。
2.各期の特性を踏まえ身体的・精神的発達の為の食生活のあり方と栄養の摂り方を関連付けることができる。
3.健康の保持増進や生活習慣病予防の為あるいはQOL を高めるための食生活のあり方と栄養の摂りかたを食物を通して関連づけることができる。
4.乳児栄養で特に母乳栄養の大切さを人工栄養と比較して明示できる。
5.離乳食の進め方を食品や調理形態で明示できる。
6.さまざまな特殊環境における栄養の摂りかたを判断し対応できる。
授業計画 1.~3.妊娠期・授乳期の栄養
 母性の特徴と栄養
4.5.乳児期の栄養
 新生児・乳児の特徴と栄養
6.7.幼児期の栄養
 幼児期の特徴と栄養
8.9.学童期の栄養
 学童期の特徴と栄養
10.思春期の栄養
 思春期の特徴と栄養
11.12.成人期の栄養
 成人期・更年期の特徴
13.14.高齢期の栄養
 加齢と身体変化、食生活の特徴と栄養管理
15.特殊環境と栄養・まとめ
 労作時の栄養
16.試験
準備学習 自分がどのライフステージにあたるのか、自分自身の特徴と栄養状態を確認し、是正するところがあれば検討する。
評価の方法・観点 1.試験       80%
2.授業への取り組み 20%
メッセージ 自分の食生活を再認識し、将来に向けての食事摂取を考える。