本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


基礎栄養学(専門教育)

担当教員  渡辺 剛志
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   五大栄養素の機能、消化・吸収機構、生体内代謝を学ぶ。応用化学としての栄養学(ライフステージ栄養学、臨床栄養学、病態別食事療法、公衆衛生学概論など)や生化学代謝論の基礎編に相当する科目である。
学生の到達目標  1.五大栄養素の機能をそれぞれ関連付けながら説明できる。
2.栄養素の消化吸収過程を説明できる。
3.栄養素の過剰または欠乏が身体に及ぼす影響を説明できる。
授業計画 1.オリエンテーション
 授業概要、授業計画、評価方法について説明
2.栄養学のあゆみ
 近代科学の発展とともに、栄養素の発見、微量栄養素の発見
3.栄養素とそのはたらき1
 糖質―最も重要なエネルギー源―
4.栄養素とそのはたらき2
 糖質代謝―解糖系、クエン酸回路、電子伝達系―
5.栄養素とそのはたらき3
 脂質―エネルギー源としての脂質
6.栄養素とそのはたらき4
 脂質代謝―β酸化、脂肪酸代謝
7.栄養素とそのはたらき5
 たんぱく質、必須アミノ酸、たんぱく質の栄養評価法
8.栄養素とそのはたらき6
 からだを構成する脂質―貯蔵脂質と構造脂質―
9.栄養素とそのはたらき7
 からだをつくる無機質(ミネラル)
10.栄養素とそのはたらき8
 たんぱく質の生理作用、脂溶性ビタミン
11.栄養素とそのはたらき9
 水溶性ビタミン
12.水と食物繊維
 水分出納、食物繊維の性質・分類
13.消化と吸収1
 消化の流れを理解しよう
14.消化と吸収2
 消化液の分泌調節と消化ホルモン、吸収の仕組み
15.エネルギー代謝
 基礎代謝量、活動エネルギー代謝量、呼吸商
16.定期試験
準備学習  授業は、教科書の章立てに従って進行します。事前に教科書に目を通してください。課題を頻繁に課します。理解できない箇所があれば、授業中に質問しても構いません。
評価の方法・観点 筆記試験60%、課題40%で評価する。評価は、単位認定試験規則に従う。
メッセージ 日ごろから栄養素に興味を持ち、知識を深めましょう。