本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


食品学応用実験(専門教育)

担当教員  岡本 匡代
授業形態・単位等 実験、1単位
授業の概要  日本食品標準成分表に掲載された多様なデータは化学実験で求められている。一般成分などの求め方を体得する。
学生の到達目標  1.定量実験ができる
2.科学的根拠に基づくレポートを作成できる
授業計画 1.水分定量(実験):常圧加熱乾燥法
2.3.食味官能検査(実験):五味識別試験、二点識別試験
4.5.灰分定量(実験):直接灰化法
6.~8.脂質定量(講義、実験):ソックスレー法
9.~13.タンパク質定量(講義、実験):ケルダール法
14.15.全脂質の分画(実験):全脂質の抽出、薄層クロマトグラフィー
準備学習 ・食品学総論、食品学各論をよく学ぶ
・食品学基礎実験で作成したノートをよく読む
評価の方法・観点 レポート100%。本科目を受講する者は「食品学基礎実験」の単位を修得していなければならない。単位認定試験規程第2条4を適用する
メッセージ 科目の性格上長引くことがあります。安全を確保しながら短期間で技術を身につけるので集中力が欠かせません