本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


食品学基礎実験(専門教育)

担当教員  岡本 匡代
授業形態・単位等 実験、1単位
授業の概要  食品の性質を知るには化学分析が欠かせない。化学実験に親しみ食品分析に必要な基礎技術の習熟をめざす。
学生の到達目標  1.実験器具を正確に操作できる
2.科学的根拠に基づくレポートを作成できる
授業計画 1.オリエンテーション:授業計画、身だしなみ、駒込ピペットの使い方、器具洗浄
2.試薬調製(v/v)の練習(実験):メスピペット、ホールピペット、メスフラスコの扱い方を身につける
3.試薬調製(w/v)の練習(実験):電子天秤、薬包紙、薬さじ、メスフラスコの扱い方を身につける
4.5.化学計算問題、レポートの書き方(講義)
6.7.中和滴定(実験):ファクターの求め方を知る。ビュレットで滴定する
8.糖質の定性反応(実験):フェーリング反応、銀鏡反応、ヨウ素反応など
9.タンパク質、アミノ酸の定性反応(実験):ビウレット反応、ニンヒドリン反応など
10.牛乳カゼインの分離(実験):等電点沈殿
11.米の浸水時間と吸水量(実験):うるち米、もち米の吸水比較
12.アミラーゼ(コウジカビ由来)による糖化(実験):コウジカビを用いてでんぷんを糖化させる
13.植物の色素(実験):pHによる変化、薄層クロマトグラフィー
14.15.比色分析(実験):色素液の吸光度を分光光度計で求める。図の書き方を身につける
16.比色分析(実技試験)
準備学習 ・高校化学をよく復習する
・同時期に開講される食品学総論をよく学ぶ
評価の方法・観点 レポート50%、実技試験50%。単位認定試験規程第2条4を適用する
メッセージ 科目の性格上長引くことがあります。安全を確保しながら短期間で技術を身につけるので集中力が欠かせません