本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


食品加工学(専門教育)

担当教員  岡本 匡代
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  食品加工とは、原料食品の成分間の相互反応を高度に利用したものである。技術の発展は食環境に大きく影響しており、近年の食生活は加工食品なしには成り立たない。食品学総論、各論を踏まえ加工理論を学ぶ。
学生の到達目標  1.農産物加工の方法を説明できる
2.畜産物加工の方法を説明できる
3.水産物加工の方法を説明できる
授業計画 1.オリエンテーション:食品劣化の原因、加工の意義と目的
2.食品加工の方法(講義):物理的方法、化学的方法、生物的方法
3.穀類の加工(講義):無洗米、パン、そば、コーンスターチなど
4.いも類の加工(講義):でんぷん、はるさめ、こんにゃく、しらたきなど
5.砂糖類と甘味料(講義):砂糖から製造される甘味料、でんぷんから製造される甘味料など
6.豆類の加工(講義):豆腐、あんなど
7.野菜の加工(講義):漬物、ピューレ、冷凍、乾燥など
8.果実類の加工(講義):ジャム、飲料、缶詰など
9.魚介類の加工(講義):乾製品、塩蔵品、魚肉練り製品、節類など
10.11.肉類の加工(講義):熟成、肉色の変化、ハム、ベーコン、ソーセージなど
12.乳類の加工、油脂類の加工(講義):クリーム、バター、チーズなど。植物油、動物油、加工油脂
13.菓子類の加工、嗜好飲料の加工(講義):和菓子、洋菓子など。アルコール、非アルコール
14.調味料(講義):みそ、しょうゆ、みりん、食酢、ウスターソース、糸引き納豆など
15.定期試験
16.定期試験講評、まとめ(講義)
準備学習 ・食品学総論、食品学各論をよく復習する
・日ごろから食品表示を見る習慣をつける
評価の方法・観点 筆記試験100%
メッセージ 食文化は加工と貯蔵で形成されてきました。興味を持って学んでください