本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


食品学各論(専門教育)

担当教員  岡本 匡代
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  ほとんどの食品は動物、植物、微生物の組織または代謝産物である。食品学総論は基礎成分ごとに学ぶのに対し、本科目では素材ごとに学ぶ。おもな食品の品種、成分、産地、収穫時期、利用など基本的事項を習得する。
学生の到達目標  1.食品を分類できる
2.各食品の成分、嗜好、機能を説明できる
3.食品素材のなりたちを農畜水産学的に説明できる
授業計画 1.オリエンテーション:食品学総論との違い、栄養士養成課程における位置づけ/植物性食品・穀類(講義):こめ、こむぎなど
2.植物性食品・豆類(講義):だいず、あずきなど
3.植物性食品・野菜類(講義):葉菜類(はくさいなど)、茎菜類(ねぎなど)、根菜類(だいこんなど)、果菜類(なすなど)、花菜類(ブロッコリーなど)
4.植物性食品・きのこ類(講義):しいたけ、なめこなど
5.植物性食品・いも類(講義):じゃがいも、さつまいもなど
6.植物性食品・果実類(講義):仁果類(りんごなど)、準仁果類(かんきつ類)、 漿果類(ぶどうなど)、核果類(ももなど)、 果菜類(メロンなど)、熱帯果実類(バナナなど)
7.藻類(講義):褐藻類(こんぶなど)、紅藻類(あまのりなど)、緑藻類(あおのりなど)
8.食用油脂(講義):植物性油脂(大豆油など)、動物性油脂(ラードなど)
9.動物性食品・卵類(講義):鶏卵の構造、成分、鮮度判定/フードマイレージ
10.11.動物性食品・魚介類(講義):鮮度判定、いわし類、かつお、さけ類、さば類、さんま、すけとうだら、まあじ、ほたてがい、するめいか
12.動物性食品・乳類(講義):牛乳の性状、成分、加熱変化、加熱殺菌/食品成分表
13.14.動物性食品・肉類(講義):死後変化、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉、その他の肉
15.定期試験
16.定期試験講評、「一滴の血も生かす・肉」、まとめ(講義)
準備学習 食事で口にするすべての食品について、旬や産地を気にかける習慣をつける
評価の方法・観点 筆記試験100%
メッセージ 食品素材を買う、調理する、食べる、提供することが楽しくなります