本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


食品学総論(専門教育)

担当教員  岡本 匡代
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  われわれは外界(食品)から物質を摂取し、エネルギーを得、体組織をつくり、体機能を調節して生命活動を営んでいる。食品が有する3つの機能(栄養素、おいしさ、機能性)と有毒成分を総論的に学び、食品が人間の健康にどのように関わっているのかを習得する。
学生の到達目標  1.食品の一次機能(栄養素)を詳細に説明できる
2.食品の二次機能(おいしさ)と三次機能(機能性)の概略を説明できる
3.有毒成分の概略を説明できる
授業計画 1.オリエンテーション:食品学の使命、栄養士養成課程における位置づけ
2.一次機能・水分(講義):食品中の水分、ヒトの水分出納、水分活性
3.~5.一次機能・炭水化物(講義):単糖類、少糖類、多糖類、加熱による変化
6.~8.一次機能・タンパク質(講義):アミノ酸、ペプチド、タンパク質、酵素による変化
9.~11.一次機能・脂質(講義):脂肪酸、単純脂質、複合脂質、酵素による酸化、酸化防止、熱変化
12.一次機能・ミネラル(講義):マクロミネラル、ミクロミネラル
13.一次機能・ビタミン(講義):脂溶性、水溶性
14.二次機能(講義):色素、呈味、香気、褐変、テクスチャー/三次機能(講義):機能性食品/有毒成分(講義):天然毒、微生物毒
15.定期試験
16.定期試験講評、まとめ(講義)
準備学習 自己採点テストを毎回課す。食品学総論はすべての専門教育科目の礎なので、身につけた知識は各科目でかならず役立ちます
評価の方法・観点 筆記試験100%(定期試験のみ。自己採点テストは対象外)
メッセージ 食品学総論はすべての専門教育科目の礎です。どの知識も次につながっていきます