本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


生化学実験(専門教育)

担当教員  渡辺 剛志
授業形態・単位等 実験、1単位
授業の概要   糖質、タンパク質、核酸を題材とした生化学実験を実施する。また、解剖生理学分野の尿に関する実験を行う。講義では、前半は実験の背景や基礎知識を学び、後半は栄養士実力認定試験の対策講義を行う。
学生の到達目標  1.微生物や試薬を、安全に取り扱うことができる。
2.実験器具を正しく使用し、実験を遂行することができる。
3.定量実験によって得られた結果を統計処理し、結果の再現性や正確性を認識し、評価できる。
4.科学的根拠に基づいたレポートが作成できる。
授業計画 1.ガイダンス
  授業概要、計画、評価についての説明
2.糖質1
  講義:二糖類、多糖類の消化、糖質代謝
3.糖質2
  ジニトロサリチル酸法(DNS法)による糖質の定量実験
4.5.糖質3
  糖質分解酵素によるデンプンの消化、薄層クロマトグラフィー(TLC)によるデンプン消化分析
6.タンパク質1
  講義:タンパク質の消化、アミノ酸代謝
7.タンパク質2
  クーマシブリリアントブルー(CBB)色素を用いたタンパク質の定量実験
8.タンパク質3
  硫安濃縮、透析
9.タンパク質4
  濃縮タンパク質の定量実験
10.尿1
  講義:腎臓、尿の検査項目
11.尿2
  尿検査
12.核酸1
  講義:核酸の構造、セントラルドグマ、培地の作成
13.核酸2
  大腸菌の培養
14.核酸3
  大腸菌のゲノム抽出、PCR
15.核酸4
  DNAのアガロース電気泳動
準備学習  「生化学」「遺伝子工学」に関する分野、特に糖質、タンパク質、核酸について勉強しておくことが望ましい。
評価の方法・観点 レポート100%
レポートの記述に関して、以下の観点で評価する。
方法は、他者が見てその実験を追随できるように筆記すること。
結果は、写真、スケッチ、図や表を挿入し、結果をわかりやすく書くこと。定量試験では、得られた結果を統計処理すること。
考察は、特に課題がなければ、なぜそのような結果になったかを考え、その根拠について参考文献を引きつつ書くこと。
メッセージ 座学だけでは定着し難い知識を、実験(体験)を通じて学びます。