本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


解剖生理学実験(専門教育)

担当教員  渡辺 剛志
授業形態・単位等 実験、1単位
授業の概要   自身の身体を知るための各種実験、動物解剖実験、血液を用いた実験を通じて、人体の構造と機能を理解する。
学生の到達目標  1.動物血液など使用に注意を要する試料を、安全に取り扱うことができる。
2.実験器具を正しく使用し、実験を遂行することができる。
3.生体の臓器や組織を観察し記録できる。
4.科学的根拠に基づいたレポートが作成できる。
授業計画 1.ガイダンス
  授業概要、計画、評価についての説明
2.構造と生理(人体)1
  身体測定、皮下脂肪厚測定
3.構造と生理(感覚器)2
  皮膚感覚の閾値、嗅覚検査
4.構造と生理(循環器・呼吸器)3
  脈拍数、聴診器、血圧測定、肺活量測定
5.組織標本の光学顕微鏡による観察
  光学顕微鏡の使用方法、人体組織プレパラートの観察
6.解剖1
  イカの解剖
7.解剖2
  魚の解剖
8.9.釧路市動物園実習
  類人猿専用調理室見学、解剖見学
10.11.解剖3
  ラットの飼育、ラットの解剖
12.血液1
  血液の基礎知識、血液実験の心得
13.血液2
  血球計算
14.血液3
  血漿と血球成分の分離、血球成分を用いた溶血検査
15.血液4
  血漿中の総コレステロール定量実験
準備学習 「解剖生理学」「生化学」に関する科目をよく学習しておくこと。
評価の方法・観点 レポート100%
レポートの記述に関して、以下の観点で評価します。
方法は、他者が見てその実験を追随できるように筆記すること。
結果は、写真、スケッチ、図や表を挿入し、結果をわかりやすく書くこと。定量試験では、得られた結果を統計処理すること。
考察は、特に課題がなければ、なぜそのような結果になったかを考え、その根拠について参考文献を引きつつ書くこと。
メッセージ 座学だけでは定着し難い知識を実験(体験)を通じて学びます。