本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


病気のなりたち(専門教育)

担当教員  堀田 厚子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   健康と病気、疾病の成因、病態、診断、治療の概要について学び、併せて疾病を持つ人を理解できる。広い意味で予防の重要性を考えることができる。
学生の到達目標  1.学生は疾病の成因、症状を説明できる。
2.学生は病気の診断、治療について説明できる。
3.代表的な病気について説明できる。
授業計画 1.健康と病気 (オリエンテーションを含む)
2.病気の診断・治療の概要
3.栄養障害と代謝異常
4.消化器疾患の成因・病態・診断・治療の概要
5.循環器疾患の成因・病態・診断・治療の概要
6.腎・尿路成因・病態・診断・治療の概要
7.内分泌疾患の成因・病態・診断・治療の概要
8.神経疾患の成因・病態・診断・治療の概要
9.呼吸器疾患の成因・病態・診断・治療の概要
10.運動器疾患の成因・病態・診断・治療の概要
11.生殖器系疾患、妊娠合併症等の成因・病態・診断・治療の概要
12.血液系疾患の成因・病態・診断・治療の概要
13.免疫・アレルギー疾患の成因・病態・診断・治療の概要
14.感染症疾患の成因・病態・診断・治療の概要
15.試験
16.講評
準備学習 人体の構造と機能に関する基本的な知識が必要である。事前に解剖生理学、生化学などの学習をして講義に臨むように努める。
評価の方法・観点 定期試験(筆記)で評価する。
メッセージ 医療に関する情報は日々新しくなっています。エビデンスのしっかりした情報を得るように努めましょう