本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


生化学代謝論(専門教育)

担当教員  渡辺 剛志
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   生化学の講義の応用編である。生体内に取り込まれた食品成分は、一定の速度で連続的に反応し、生命を維持し、さらに健康を維持している。生化学とはこれらの営みを化学的に明らかにし説明しようという学問である。三大栄養素の代謝に力点をおいて授業する。
学生の到達目標  1.糖質、脂質、タンパク質、核酸の代謝が説明できる。
2.ビタミン類が代謝にどのように関わっているか説明できる。
3.循環系、内分泌系の働きを説明できる。
授業計画 1.ガイダンス
 授業概要、計画、評価についての説明
2.生体エネルギー
 高エネルギー化合物、細胞内でのATP生産
3.糖質の代謝1
 解糖系
4.糖質の代謝2
 クエン酸回路(TCAサイクル)
5.糖質の代謝3
 酸化的リン酸化、電子伝達系、ミトコンドリアへの還元糖量の移行
6.糖質の代謝4
 グリコーゲンの合成と分解
7.糖質の代謝5
 糖の相互変換、血糖値の調節
8.脂質の代謝1
 リポタンパク質
9.脂質の代謝2
 脂肪酸の代謝、ケトン体の生成と代謝、
10.脂質の代3
 多価不飽和脂肪酸の代謝、コレステロールの代謝、胆汁酸の生成
11.アミノ酸の代謝
 アミノ基の質素の排出、アミノ酸の代謝
12.ヌクレオチドの代謝
 プリンヌクレオチド、ピリミジンヌクレオチドの代謝
13.遺伝子発現とその制御
 セントラルドグマ(特に転写、翻訳)
14.臓器の生化学1
 血液、呼吸、肝臓
15.臓器の生化学2
 各種ホルモン、情報伝達
16.定期試験
準備学習 生化学物質論と基礎栄養学をよく復習しておくこと。
評価の方法・観点 筆記試験100%で評価する。評価は、単位認定試験規則に従う。
メッセージ 難易度は高いです。習得すればかなり知識がつきます。