本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


公衆衛生学(専門教育)

担当教員  堀田 厚子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   公衆衛生ではすべての人の健康を新しいライフスタイルやQOLを考慮にいれた健康づくりに適応させ、健康を享受できる社会をめざしている。地球規模での保健医療、環境保健の取り組みも進んでいる。時代の変化に柔軟に対応し、あらゆる年齢の人々の疾病の予防、生活の質を高めるための実践的学問として公衆衛生をとらえることができる。
学生の到達目標  1.学生は多岐にわたる公衆衛生の全体の構造を把握し、説明できる。 
2.学生は公衆衛生で使用される定義や数字の意味を理解し、実践活動等に活用できる。
3.学生はグローバルな視点で公衆衛生上の課題を考察できる。
授業計画 1.公衆衛生の定義、歴史、領域(オリエンテーションを含む)
2.健康の要因と疫学の方法
3.保健統計の基本的知識
4.医療法と医療体制
5.地域保健
6.成人保健と健康増進
7.母子保健
8.高齢者保健・障害者福祉、精神保健福祉
9.感染症対策
10.食品保健、栄養
11.学校保健
12.産業保健
13.環境保健
14.国際保健 まとめ
15.試験
16.講評
準備学習 新聞、テレビ、広報誌などの保健・医療・介護、環境保健に関すること情報に関心を持ち本分野の学習を深める。
評価の方法・観点  定期試験(筆記)で評価する。
メッセージ 地域の保健医療介護などのイベントに参加しましょう。自己効力感を高めることになるでしょう。