本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


食物栄養基礎演習(専門教育)

担当教員  全教員
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  社会人として、また栄養士として必要な日本語能力とコミュニケーション能力を養うことを目的とする。特に食物栄養専攻では、レポートや実験・実習記録等を作成する機会が多い。これらを作成するうえで必要なルールや手順を理解し、調べたこと、自分の考えや成果を、読み手に正しく伝えることができる文章作成力を養う。
学生の到達目標  1.コミュニケーションツールであるあいさつ、敬語を正しく使いうことができる
2.社会人としての話し方を習得する
3.日本語表現のルールに従い文章を書くことができる
4.実習日誌、手紙、メールの文章の正しい作成方法を習得する
5.レポート、小論文の書き方を習得する
6.調査研究のテーマにあった文献や資料を選択できる
授業計画 1.オリエンテーション、会話表現(演習)
 聞き取りやすい話し方の基本
 自己紹介の仕方
2.会話表現、文献の探し方(演習)
 あいさつ、敬語の使い方
 文献の探し方と読み方
3.文章表現(演習)
 正しい表記で書こう
4.文章表現(演習)
 文章作成上の留意点
5.文章表現(演習)
 文章の基本的な書き方
6.文章表現(演習)
 レポートの書き方
7.会話表現(演習)
 社会人としての話し方
 実習先、就職面接等での自己紹介
8.会話表現(演習)
 電話のマナー
9.文章表現(演習)
 実習日誌の書き方
10.文章表現(演習)
 実習礼状など手紙・ハガキの書き方
11.文章表現(演習)
 メールの書き方
12.文章表現(演習)
 小論文の書き方1
13.文章表現(演習)
 小論文の書き方2
14.文章表現(演習)
 小論文の書き方3
15.文章表現(演習)
 小論文の書き方4
準備学習 日頃から新聞、食に関する書物を読むこと
評価の方法・観点 提出物 100%
メッセージ 多くの専門科目、実習・実験、学外での活動、就職活動等すべてにおいて基礎となる科目です。学んだことを日常的に実践し身につけていきましょう。