本文へジャンプ
生活科学科食物栄養専攻のシラバス


教育学(一般教育)

担当教員  井上 薫
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  教育とは相手との相互関係によって、自分が変わり、自分を作り、自分が作られていくことと広義で考える。特に、「学校に行くこと」をキーワードとしながら次の点を考えたい。
1.「教育とは何か」について考える。
2.現代教育で問われている諸問題への関心を拡げる。
3.他者理解のための視野を拡げる。
4.異文化、多文化、多様な価値を知り、尊重できるようになる。
学生の到達目標  1.複数の教育観の存在と特徴を説明できる。
2.教える、学ぶ意味を説明できる。
3.就学の意味とその歴史的変遷を説明できる。
4.自己の意見を客観化し、他者理解の視点を含めて意見を記述できる。
5.教育問題の構造と問題点を説明できる。
授業計画 以下は基本的に「講義」であるが、*で意見論述の時間(自由記述)の時間をとる(予定)。
1.教育の影響力・「教育」とは1~ *情報の有無による見え方の違い
2.教育の影響力・「教育」とは2~  教育による情報操作
3.「学校に行くこと」が当たり前になるまで1 ~就学率の変化と就学を妨げるもの
4.「学校に行くこと」が当たり前になるまで2 ~近代日本国民教育の成立
5.「学校に行くこと」が当たり前になったために起こったこと1 ~戦前の教育統制
6.7.「学校に行くこと」が当たり前になったために起こったこと2 ~不登校問題
8.9.「学校に行くこと」が当たり前になったために起こったこと3 ~*「いじめ」
10.「教育」とは何か1~ *個人をどう見るか:「子ども観」の違いと教育方法
11.「教育」とは何か2~  集団・環境と人間形成
12.「教育」とは何か3~  連続と不連続、*「教える」を考える
13.「学校に行くこと」が当たり前とされなかった人たち1~ 視覚障がい児者と点字
14.「学校に行くこと」が当たり前とされなかった人たち2~ インテグレーション
15.現代教育の課題~ インクルージョンを目指して、「教育改革」の動向
準備学習 いくつかの考え方を示し、各自がどの考え方を身近に感じたり、違和感を感じたりするかを自由に記述してもらう回があります(4回を想定)。配付した資料には、よく目を通してください。
評価の方法・観点 1.テーマに対する各自の見解が示されているかを小レポート(*)により評価する。40%
2.基本事項の理解について、レポートで評価する。60%
メッセージ 受講者が回答したもの(名前は伏せる)を確認する機会を何回かつくる予定です。他者の考え方を受けとめ、自分の考え方を見直すきっかけにしてください。