本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


医療事務Ⅲ(資格専門)

担当教員 
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  医療サービスの多種多様化に伴い医療機関における医療従事者の重要性は高まってきている。医療機関における患者接遇、医療費の算定等を担う医療従事者として求められる、知識・技能を修得する。
学生の到達目標  1.医療費の算定ルールを理解する。
2.カルテとレセプトの突合せ点検ができる。
授業計画 1.検査
2.検査・病理診断
3.4.リハビリテーション・入院料・投薬
5.投薬
6.注射
7.画像診断
8.~11.レセプト点検
12.~15.受験対策指導
準備学習 毎回の講義復習を継続し、問題集等、繰り返しの自己学習を行う。
審査試験に向け、解答のスピードを意識していくことも重要となる。
評価の方法・観点 課題・定期試験の成績を総合的に評価する(点数配分などは授業時に説明する)
メッセージ 医療事務は毎回の講義の積み重ねが大切。ひとつひとつの診療内容をひも解いていくことで、全体の医療行為の計算(=算定)ができるようになります。