本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


地域図書館活動研究(資格専門)

担当教員  高木 真美
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   公共図書館の活動は地域において展開されるが、それぞれの地域は特有の特性を有しているゆえに、現実の図書館活動は地域の特性を重要な背景として展開される。このことを踏まえて、次を目的・目標として授業を進める。
・市立釧路図書館をはじめとする道東地域の公共図書館(室)の現状を知る。
・道東地域の公共図書館(室)の特徴と地域特性の関係を知る。
・図書館活動の多様性-情報資源、図書館サービスの様々なあり方を知る。
・図書館運営の様々なあり方とそれぞれの利点と問題点を知る。
・図書館活動における司書の役割を知る。
・地域と図書館および司書の関係の今後を考える。
学生の到達目標  ・公共図書館で実践されている様々なサービスについて説明できる。
・公共図書館の情報資源のあり方の多様性を説明できる。
・公共図書館と地域の特徴との一般的な関連をまとめ、指摘できる。
・道東地域の公共図書館の地域特性との関わりを整理できる。
・地域と図書館の係わりの諸事例などから、地域と図書館の今後のあり方を構想できる。
・自治体直営、指定管理など、図書館運営の諸方法の利点と問題点を指摘できる。
・地域に積極的に関わる司書のあり方を考察できる。
授業計画 1.オリエンテーション(講義)
 概要、到達目標・授業計画・評価他、地域図書館活動見学調査準備
2.見学調査準備(講義・演習)
 調査対象とする公共図書館(室)の現状をまとめ、調査事項を整理
3.~7.道東地域の公共図書館(室)での見学調査
8.釧根地域の公共図書館を統計データから比較・考察する(演習)
9.多様な図書館サービス1(講義・演習)
 地域社会と図書館-様々な地域情報サービス
10.多様な図書館サービス2(講義・演習)
 地域経済と図書館-様々なビジネス支援サービス
11.北海道の公共図書館で行われている特徴的なサービスを調査する(演習)
12.北海道の公共図書館で行われている特徴的な行事を調査する(演習)
13.○○図書館への提案書を作成する(演習)
 道東の公共図書館から1館を選び、資料・サービス・行事などのあり方について提案書作成
14.図書館運営について考える-自治体直営・一部委託・指定管理(講義・演習)
 図書館運営の様々なあり方の利点・問題点について考える
15.まとめ(講義・演習)
 地域と図書館のあり方、地域における司書の役割、最終レポート説明
準備学習 毎回の授業前後に、図書館活動に関する統計等の資料を収集・整理する。道東地域に限らず様々な地域の図書館の資料やWebページから図書館活動に関する情報を収集し、地域による図書館活動の違いを整理する。具体的には授業時に指示する。
評価の方法・観点 見学調査レポート(30%)、演習の成果物(提出物)(20%)、最終レポート(今後の図書館と司書について:50%)を合計して評価する。
メッセージ 自分が利用したことのない図書館に対する興味・関心をもち、自ら進んで訪問・利用してほしい。