本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


図書・図書館史(資格専門)

担当教員  佐藤 宥紹
授業形態・単位等 講義、1単位
授業の概要   なにげなく受け継がれ利用されている記録。そこには記録を作り保存するために蓄積した人類の努力、保存の過程で通過した危機と偶然にくわえて、誰でもが図書館を利用できるまでに資料利用を広げた軌跡について学び、その意味を考えます。
1.学習者が良き図書館人となるために、図書と図書館、そして読書ということが人類の積み上げた重要な文化事象のひとつであることを理解してください。
2.人間の思考の記録である図書とそれを利用し集積する場としての図書館の歴史を学んでください。
3.そうした中から今後の図書館発展の方向を考えてもらいます。
学生の到達目標  1.学習者は図書と図書館を学び読書について考えることが、先人の残した文化を継承し、それを後世に伝える重要な役割をもっていることを略述できます。
2.学習者は今日ある図書と図書館及び資料は、過酷な試練を乗り越えたうえに存在していることを説明できます。
3.さらに学習者は、『中小レポ-ト』や『図書館の自由に関する宣言』をまとめた努力に支えられ、今日、市民図書館としてのサービスが成立したことを示します。
4.学習者は市民の図書館に対する種々のニ-ズを考え、自己の課題確立をめざします。
授業計画 1.オリエンテーション  
2.古代の図書と図書館
3.西洋中世の図書と図書館
4.グーテンベルグのもたらしたもの
5.近代化する西洋の図書館と図書館人の試み
6.アメリカの図書館と図書館人の試み
7.日本の図書館の古代・中世・近世・近代
8.日本の図書館の現代(含む 書籍とIT)
準備学習  参考図書を読むこと。そのうえで、参考図書の記載について自身の考えや意見をまとめて授業に出席すること。授業では著者の主張について、それぞれの考えや意見をぶつけて、真剣に議論をしましょう。
評価の方法・観点 1.評価の方法 授業ごとに内容を確認し、自らの意見をまとめて提出してもらいます。
その授業課題の提出(50%)にくわえ、評価レポ-ト(50%)を課します。
2.評価の観点 評価レポ-ト(50%)では、図書及び図書館の資料保存理念の理解度(10%)、図書及び図書館の通史の理解(30%)、現代の図書館思想の理解(10%)で判断します。
3.出席 「原則として総授業時間数の3/4の出席のないもの」は、「単位認定試験を受ける資格を失うこと」になっています(「単位認定試験規程」第2条第2項)。
メッセージ 図書及び図書館が人類の文化遺産であることを知ると共に、残された資料が偶然ともいえる危機を超えて受け継がれていることを確認してください。この授業は図書館司書専門科目で選択科目4科目のうちの1つです