本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


情報資源組織演習Ⅱ(資格専門)

担当教員  小杉 元一
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   分類業務は、公共図書館にとって、一般的な出版物だけではなく、郷土出版物や地域資料を整理したり活用してゆくための、もっとも大切な業務です。授業では、日本十進分類表(NDC)を用いながら、実際に分類を付与してゆく実務作業です。実務を通して、多様な情報資源組織化についての応用力を習得することを目標とします。
学生の到達目標  1.日本十進分類法(NDC)の構成を理解できること。
2.相関索引や本表を自在に駆使し、日本十進分類法を使いこなせること。
3.図書の主題や内容を分析し、分類付与のための分類規定を正しく理解できること。
授業計画 1.日本十進分類法(NDC)の概要について学びます。
2.日本十進分類法の主表、補助表、相関索引を対象にして分類の構成を学びます。
3.形式区分を用いて、主題を細分化し、記号を付加する適用法を学びます。
4.演習問題を対象にしながら、形式記号を付加し分類を完成させてゆきます。
5.      〃
6.地理区分を用いて、主題を細分化し、記号を付加する適用法を学びます。  
7.演習問題を対象にしながら、地理記号を付加し分類を完成させてゆきます。
8.      〃
9.言語区分や言語共通区分、文学共通区分を用い、主題を細分化し記号を付加す る適用法を学びます。
10.演習問題を対象にしながら、言語区分や言語共通区分、文学共通区分の細目記号を付加し分類を完成させてゆきます。
11.    〃
12.地域資料や郷土資料の独自の分類について学びます。
13.資料の主題について学び、適正な分類を付与するための分類規程を学びます
14.演習問題を対象にしながら、分類規程に準拠して、分類を付与します。
15. 〃
準備学習 日本十進分類法を使いこなせるかどうかは、ひとつには慣れがあります。機会をみつけて相関索引を引いたり、本表の分類表をみていくと、自然になじんでいくものです。準備学習としては、事前に各自が選んだ図書をもとに、主題分析と分類の付与について発表してもらいます。
評価の方法・観点 試験での評価は行いません。授業時での演習実務の発表や、演習答案の提出の総合結果で、評価を行います。
メッセージ この演習のポイントは、NDCの利用や活用に慣れる事にあります。