本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


情報資源組織論(資格専門)

担当教員  小杉 元一
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  図書館は、図書だけではなく、地域の住民に役に立つ、いろいろな情報も提供しています。情報資源組織論とは、それらを整理する技術や、広く公開する仕組みのことを学んでゆく授業です。したがって、図書や情報が利用者に提供されるまでに、どんな目録が公開され、どんなアクセスが可能かということが組織論のイメージです。そこから目録法や分類法を学んでゆくことが目標となり目的となります。
学生の到達目標  1.目録や分類が、図書館システムのなかで、どんな業務として展開しているかを具体的に把握すること
2.「書誌コントロール」や「OPAC」や「MARC」などのことばを、具体的に説明できること
授業計画 1.講義  オリエンテーション・図書館業務と情報資源組織化の概要
2. 〃 図書館にとっての「アナログ」や「デジタル」について(ディスカッション)
3. 〃 情報資源へのアクセスと目録・分類について
4. 〃 書誌コントロールと標準化について
5. 〃 書誌情報の作成・流通・管理(書誌ユーティリティ・OPAC・MARC )について
6. 〃 いろいろな図書館のOPACの構成とリンク情報について
7. 〃 図書館にとってOPACの在り方について(ディスカッション)
8. 〃 目録法の基礎:記述目録法と主題目録法の概要
9. 〃 記述目作成の基礎:書誌的事項の記述について(1)
10. 〃 記述目録作成の基礎:書誌的事項の記述について(2)
11. 〃 日本十進分類法の構成と概要について
12. 〃 日本十進分類法の構成:主表・補助表・相関索引について
13. 〃 日本十進分類法の構成:分類規定について(1)
14. 〃 日本十進分類法の構成:分類規定について(2)
15. 〃 地域の図書館にとっての情報資源について
準備学習 本学の図書館や身近な地域の公共図書館などのOPACを利用し、具体的な検索項目(件名:地震など)を基にして、蔵書がどのように分類されているか、目録がどのように提供されているかを調べてみましょう。そこで得られた書誌情報やOPAC表示は、授業のなかで報告してもらいます。
評価の方法・観点 試験での評価は行いません。授業時での事前学習の発表やディスカッション、レポート提出のなどの総合結果で評価を行います。
メッセージ 専門用語を、ひとつひとつ自分の言葉でイメージ化してゆくことが大事です