本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


図書館情報資源概論(資格専門)

担当教員  高木 真美
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   図書館資料は、図書館を構成する最も基本的な要素であり、図書の資料知識は資料提供を行う上で不可欠といえる。種々な資料の特性、出版・流通などについて学び、公立図書館の蔵書構成や図書館資料の選択収集の原理、蔵書評価、蔵書管理などについて体系的に考察する。
学生の到達目標  1.図書館資料(主として図書資料)の歴史、出版の流通の過程を理解できる。
2.図書館資料を利用しやすくするための蔵書管理の方法や理論を理解できる。
3.資料の選択、収集のあり方を考察できる。
授業計画 1.オリエンテーションー図書館資料の定義
2.図書館資料の類型1ー類別の諸説の紹介。
3.図書館資料の類型2-印刷資料と日印刷資料等
4.図書館の自由についてー「図書館の自由」に関する宣言
5.図書館資料と図書館の自由ー図書館の自由の危機
6.図書館資料の出版ー出版の意義、出版界と図書館
7.出版のシステムー流通のシステムと電子化
8.蔵書の形成1-資源の共有、蔵書の特性と役割、蔵書形成の方針
9.蔵書の形成2-分担収集、分担保存、蔵書更新、蔵書評価法、除籍と廃棄
10.資料の収集と選択1ー選書の意義と収集方針
11.資料の収集と選択2ー読書世論調査と学校図書館調査
12.資料の収集と選択3-選書のための情報源
13.資料の受け入れー受け入れ業務
14.書庫管理ー書庫管理の意義、蔵書点検資料保存等
15.「図書館資料収集について」の課題の整理と提出
準備学習 1.多くの図書館を訪れ、資料についての認識を深める。
2.課題には真剣に取り組み多くの参考資料を参照する。
3.レジュメや次回で取り上げる内容について説明し、取り組み方法を指示するので準備する(予習)。
評価の方法・観点 課題の発表・提出等100%
メッセージ