本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


情報サービス演習Ⅱ(資格専門)

担当教員  高木 真美
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   レファレンス・サービスは、貸し出しとともに図書館サービスの両輪をなすものとされ、司書として必須の日常業務です。
 「情報サービス論で」学んだ基礎的な、理論的知識を前提として、それに関する技能を演習で習得する。
学生の到達目標  1.レファレンスブックの種類・特性・評価を適切に把握できる。
2.レファレンスブックの収集・管理の知識を修得できる。
3.レファレンスインタビュー等の技術を修得できる。
授業計画 1.レファレンス・サービス演習の概要ーレファレンスの心構え。参考図書の評価。
2.文字・言語情報によって回答できる質問ー情報源。例題と回答。課題の出題。
3.文字・言語に関する質問処理。課題の回答発表。
4.事物・時事情報源によって回答できる質問ー情報源。例題と回答。課題の出題。
5.事物・時事情報源に関する質問処理。課題の発表。
6.人物・団体情報源によって回答できる質問ー情報源。例題と回答。課題の出題。
7.人物・団体情報源に関する質問処理。課題の発表。
8.地理・地名情報源によって回答できる質問ー情報源。例題と回答。課題の出題。
9.地理・地名情報源に関する質問処理。課題の発表。
10.図書・叢書情報源によって回答できる質問ー情報源。例題と回答。課題の出題。
11.図書・叢書情報源に関する質問処理。課題の発表
12.逐次刊行物情報によって回答できる質問ー情報源。例題と回答。課題の出題。
13.逐次刊行物に関する質問処理。課題の発表。提出。
14.レファレンス・サービス演習のまとめーレファレンス実例集の作成1
15.レファレンス・サービス演習のまとめーレファレンス実例集の作成2
準備学習 レジュメや次回で取り上げる内容について説明し、取り組み方法を指示するので準備する(予習)。
評価の方法・観点 演習の実際、課題の提出、合計100点で評価する。
メッセージ 接遇は「笑顔と愛語」で。検索は複数情報で。まめに動く。