本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


情報サービス論(資格専門)

担当教員  高木 真美
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   図書館利用者のレファレンス等(参考事務、参考調査等ともいわれる)の要求に対し図書館員が情報源を提供して利用者を援助することが情報サービスす。
 高度情報社会において、的確な資料を提供するために、情報サービス機能や内容の基本的な知識と技能を修得する。
学生の到達目標  1.情報サービスの意義、種類について理解できる。
2.レファレンス・サービス、情報サービスの方法や過程(プロセス)等について考査できる。
3.各種情報源の特質と利用方法を的確に把握できる。
授業計画 1.オリエンテーション
 科目説明(概要・到達目標・授業計画・準備学習・評価方法等)
2.情報サービスとは
 ビデオ学習「図書館の達人:レファレンス・サービス」
3.情報サービスの規定
 参考業務規程、解答の制限、質問の類型
4.情報サービスの基礎(1)
 レファレンス・サービス。利用案内等。
5.情報サービスの基礎(2)
 レファレルサービス、カレントアウェアサービス
6.情報ニーズへの対応(1)
 レファレンスプロセス
7.情報ニーズへの対応(2)
 レファレンスインタビュー
8.情報の検索と回答(1)情報検索過程と検索戦略、情報源の選択
9.情報の検索と回答(2)質問内容の明確化、検索に入る前のポイント
10.情報の検索と回答(3)状検索の結果発表
11.レファレンス情報源の解題(1)
12.レファレンス情報源の解題(2)
13.質問受け付け票の作成
14.解答の実際。模擬体験
15.自分が図書館で調査したい事柄(課題)の提出
準備学習 授業計画に沿って事前学習、準備すべきことを確認し、実行すること。
評価の方法・観点 課題等の提出100%
メッセージ 新聞購読を生活時間の中に取り込もう