本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


図書館制度・経営論(資格専門)

担当教員  柴田 修
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   情報社会における図書館運営及び経営手法の在り方、図書館に関する関連法令などについて深く学んでいきます。
 ニューパブリック・マネジメントの経営理論の概念を導入・展開した図書館経営の考え方について学びます。
学生の到達目標  1.図書館の運営・管理について全般的に判断することができる。
2.非営利機関への経営学的概念の導入の必要性を説明することができる。
3.図書館活動の評価手法、評価指数を理解し説明ができる。
授業計画 1.オリエンテーション 講義内容、授業計画、授業による学生の到達目標の説明など
2.図書館における経営とは 図書館の使命、目的、経営視点について講義
3.図書館法解説、改正望ましい基準の内容と考え方について講義
4.非営利機関・永続組織として捉える図書館の経営論的手法について講義
5.6.経営学的概念を導入した図書館経営理論について講義
7.8.ニューパブリック・マネジメントによる図書館サービスの経営概念
9.10.図書館サービスの評価とは 利用者満足と経営論的手法の考え方を講義
11.12.公立図書館のサービス評価指標モデルと自己点検評価マニュアルを講義
13.公立図書館のサービス評価の評価実例を見てみる
14.公立図書館のサービス課題を考えてみる
15.多様化するサービスの現状と課題について講義
準備学習 1.毎授業に配布するレジメは必読、復讐して授業に臨むこと
2.情報社会の中で図書館はどのような役割を果たしうるのかを常に意識すること
3.図書館は地域社会の問題解決にどのような役割を果たすことができるのかを考える
評価の方法・観点 課題を出しますので、提出により評価します
メッセージ