本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


クッキングレッスン(専門教育)

担当教員  佐々木 可奈恵
授業形態・単位等 演習、2単位
授業の概要  日常食を中心とした基本の切り方や下ごしらえなど調理の基礎と工夫、食材の取り扱い方、調理器具の取り扱い、調理のポイントなど基本的な調理操作を盛り込んだ献立を実践。多くのメニューを学びながら料理の応用力、センス、食事のマナーなどを学習する。調理の基礎技術とあわせて栄養の基礎知識、食中毒予防のための手指の洗浄方法等も学ぶ。
学生の到達目標  1.基本的な調理ができる
2.食品の性質と目的に応じた前処理と調理、片付けができる
3.様々な調理を行うことで料理のレパートリーを増やし、バランスの良い食生活をおくることができる能力を身につける
4.安全で衛生的な調理作業をすることができる
5.栄養面に配慮した食生活をおくることができる
6.食事のマナーが身につく
授業計画 1.オリエンテーション(授業概要、授業計画、食品衛生)
  日本料理の食事マナー(講義)、切り方の基本、(実習)
2.食事と栄養:消化(講義)
日本料理1 美味しいご飯の炊き方、だしのとりかた(実習)
3.食事と栄養:カルシウム摂取(講義)
  牛乳、乳製品の調理(実習)
4.食事と栄養:栄養バランス(講義)
  日本料理2 味付け飯の炊き方、卵の調理他(実習)
5.食事と栄養:鉄分(講義)
  鉄分を多く含む食品の調理(実習)
6. 食事と栄養:中国料理の食事マナー(講義)
  中華料理(実習)
7.食事と栄養:西洋料理の食事マナー(講義)
  西洋料理(実習)
8.クリスマス料理(実習)
準備学習 事前にレシピおよび資料を配布します。内容を把握しておくこと。作業がスムーズに進みます。調理技術は実践して身につくものなので、自宅でも機会を見つけて調理するように心がけること。
評価の方法・観点 実習への取り組み50%、レポート50%により評価
単位認定試験規定第2条4を適用する
メッセージ 楽しく、栄養のバランスがとれた、おいしい食事づくりを目指しましょう