本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


インテリアデザイン(専門教育)

担当教員  永田 敦子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  暮らしの中でインテリアを構成する要素(家具・建具・家電・カーテン・照明・設備機器等)の知識を取得し、快適な生活環境についての理解を深める。

生活者として環境問題、消費者問題、住居計画などを学習する。
学生の到達目標  ・快適な住まい造りの手順を理解することができる。
・提案ボード作成により商品に対する知識を習得することができる。
授業計画 1.オリエンテーション
 インテリアを学ぶにあたって
 自分の体を物差しに、長さの単位を考えよう。
2.建物とインテリア
 シェルターとしての役割
 風土とのかかわり
3.誰のための住まいなのか
 生活の営み 
4.ライフスタイルとライフサイクル
5.間取りをつくる(間取りシートを使って)
 公的空間つくりの特徴
6.間取りをつくる(間取りシートを使って)
 私的空間つくりの特徴
7.LDKについて
 家族に応じた広さ
8.キッチンの形と配列
 クローズド・セミオープン・オープン
9.インテリアコーティネーション
 様式に応じた室内装飾計画
10.コーディネートのポイント
11.課外授業
 キッチンメーカーショールーム見学
 キッチン・衛生設備・洗面化粧台など水回り商品見学
12.インテリアと色彩
 インテリアファブリックス(カーテン・カーペットなどの繊維)
13.住宅の中の家具
 人体系・準人体系・建物系
14.コーディネートの在り方
 これからのインテリア 消費者問題 環境問題
15.課外授業
 家具販売店における商品見学
 知識と実際の商品との差異を感じる。
準備学習 準備するものとして2メートル程度の巻尺。色々なものを計測し体感寸法
実測寸法の差を理解する。
通常の生活の中で我々を囲んでいるの全てがインテリアというくくりで
呼ばれているが、詳細な部分については理解されていないなのが事実。
インテリアに興味を持ち、実際に触れてみるなど日頃の生活の中下での実践が望ましい。
自分の好きなインテリアなどの写真などが載っている雑誌、カタログなどを注意してみたり、又はスクラップするなど。
評価の方法・観点 筆記試験 授業内容とテキストより出題 100点
真剣な授業態度発言、質問等は大歓迎。
(授業中に間取りシートを使って住宅のイメージを作るのでたくさん
質問した方がより完成度が高まります)
メッセージ インテリアをコーディネートできるのは知識の裏付けがあってこそ。