本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


カラーコーディネート(専門教育)

担当教員  永田 敦子
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   美しい色彩計画・配色理論を学習し日常生活の衣・食・住に応用する力をつける。
衣・・・ファッションセンス 自分に似合う色選び
食・・・美しい盛り付け テーブルコーディネート
住・・・快適なインテリア
学生の到達目標  一般常識・生活全般におけるセンスアップ。
「色彩検定」全国服飾教育者連合会主催3級受験に対応する知識を身につける。
授業計画 1.オリエンテーション
 科目説明(概要 到達目標 授業計画 準備学習 評価の方法)
 私達の身の回りにある色彩について日頃から関心をもち、美しい  
 色彩調和が出来るように能力を高める。
2.色を見るための3つの条件
 視覚 光源 対象物 について
3.色を表す3属性
 色相 彩度 明度 について
4.目の構造
5.表色系  
 色相について  明度について
6.表色系 
 彩度について  色立体を考える
7.色の及ぼす心理効果
 軽い色 重い色 進出色 後退色など
8.色の心理効果
 錯視による色の見えかた
9.パーソナルカラー診断
 あなたに似合う色を見つけよう
 自分自身の持つ色を知り、美しいコーディネートをしよう。
10.色彩調和論
 色相の調和  トーンの調和
11.色彩調和論
 調和領域  不調和領域
12.ファッションと色彩
 色彩調和に基づく様々な組み合わせ
13.インテリアと色彩
 インテリアスタイル・様式と色彩
14.自分を色で表してみよう
 プレゼンテーションボード作成
15.プレゼンテーションボード発表
準備学習 日常生活の中での様々な配色に興味を持つ。
なぜその配色が素敵なのか、嫌な感じなのか考えてみる。
学習が進む中で、配色調和論と比較してみる。
テキスト内でカラーカードの貼り込みがある。

特に準備するものはないが、基本はテキストをよく理解する事。
検定試験受験希望者は特に熟読を。
3級合格率は約70%。頑張れば取得できる資格です。

自分の好きな写真、カタログ等の切り抜きが用意できればなおよいです。
評価の方法・観点 筆記試験 色彩検定3級試験問題程度。
授業態度 積極的な質問、発言は歓迎。
プレゼンテーションボートの発表と合わせて100点とし評価する。
メッセージ 今まで知らなかった色彩の扉が開かれます。