本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


ホームエレクトロニクス(専門教育)

担当教員  高橋 孝一
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要  現代社会において、家庭用電気機器は今や無くてはならないモノとなっています。当講義では、日常生活において使用頻度の高い家庭用電気機器の基礎的及び専門的知識を学びます。具体的には、各機器の歴史や仕組み、上手な使い方、安全上の注意等を学習し、家庭用電気機器を適切に取り扱うための知識の習得を目指します。
学生の到達目標  1.家庭用電気機器の歴史及び機器の仕組み等を理解し、説明ができる。
2.家庭用電気機器の上手な使い方及び安全上の注意点等を理解し、機器を適切に使用できる。
3.省エネ性能を理解し、商品選定・使いこなし・お手入れができる知識を習得する。
授業計画 1.オリエンテーション(科目説明、家庭用の電気・電池の知識等について)
2.~4.映像・音響機器の商品知識(テレビ・レコーダー・カメラ等)
5.~8.家事・調理機器の商品知識(冷蔵庫・洗濯機・調理器具等)
9.10.空調・暖房機器の商品知識(エアコン・暖房機器・空気清浄機等)
11.12.省エネ・創エネ機器の商品知識(太陽光発電・HEMS・LED等)
13.14.情報通信機器の商品知識(パソコン・インターネット等)
15.定期試験
16.講評まとめ
※代表的な機器を実際に使用して、講義の中で実演学習も取り入れていきます。
準備学習 テキストの事前学習は当然のことですが、普段から身の回りで使用している家庭用電気機器の性能や特徴等を調べ、最新のモノと比較をしながら機器を使用することで毎回の講義の理解に役立つ学習となります。また、普段から省エネやお手入れに対する意識を持ちながら機器を使用することも事前学習として重要です。
評価の方法・観点 筆記試験:70%
授業への取り組みなどの観察評価:30%
メッセージ 家電製品協会(経済産業省認可法人)が認定する「家電製品アドバイザー」資格の取得に必要な内容となっています。家電業界の就職を希望される方、それ以外の方も資格取得を目指して挑戦してみてください。