本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


子どもと読書(専門教育)

担当教員  高木 真美
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   公共図書館の児童図書館は、子どもが初めて利用する施設であり、読書や学ぶことの楽しさを身に付けていく自由な空間である。児童サービスの担い手として、読書に対する態度や習慣が形成される子どもへのサービスのあり方の理論と実践、児童図書館員の専門性について学習します。
学生の到達目標  1.公共図書館における児童サービスの意義と重要性を理解できる。
2.こどもと子どもの本の橋渡しをする児童図書館として、多くの子どもの本を読み選書眼を身につける。
3.行事・集会での「読み聞かせ」「紙芝居」「語り(お話し、ストーリーテリング)などの実践の機会を持つことができる。
授業計画 1.オリエンテーション
 科目説明(概要・到達目標・授業計画・準備学習・評価の方法や観点など)
 子どもの時代の読書景観などのアンケート。子どもの読書の実際。絵本読書ノート作成の説明。
2.子どもサービスの概要
 子どもサービスの意義、子どもサービスの歩み
3.子どもサービスの重要ポイント
 子どもの読書サービスの三本の柱
4.子どもの読書サービスの三本の柱
 子どもを知るー子どもの発達段階と読書興味
5.子どもの読書サービスの三本の柱
 子どもの本を知る1ー子どもの読書能力の発達段階と読書資料
6.子どもの本を知る2ー子どもの本の選択・収集
7.子どもと子どもの本を結ぶ技術1
 「読み聞かせ」
8.子どもと子どもの本を結ぶ技術2
 「紙芝居」
9.子どもと子どもの本を結ぶ技術3
 「語り(お話し、ストーリーテリング)」
10.子どもと子どもの本を結ぶ技術の実践1
 「読み聞かせ」
11.子どもと子どもの本を結ぶ技術の実践1
 「読み聞かせ」
12.子どもと子どもの本を結ぶ技術の実践2
 「紙芝居」
13.子どもと子どもの本を結ぶ技の術実践3
 「語り(お話し、ストーリーテリング)」
14.子どもサービスの展開と運営・地域関連機関との関連
 子どものための施設のレイアウト、利用者への対応。
 学校図書館・児童センター・その他の施設との連携を図る
15.子ども読活動の推進
 子どもの読書に関するポスターの作成と提出
準備学習 レジュメや次回で取り上げる内容について説明し、準備するもの(絵本、紙芝居、お話しテキスト)を指示します。
評価の方法・観点 課題等の提出・発表80%。まとめ小テスト20%。合計100点。
メッセージ 笑顔で、優しく話しかける