本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


生活と環境(専門教育)

担当教員  田丸 典彦
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   爆発的に増加する人口とそれに伴う人類の諸活動は、地球環境に様々な問題を生じている。私たちは、便利で快適な毎日を過ごしているが、その生活は大量生産、大量消費、大量廃棄によって成り立っている。このような社会の歪と限界を考え、日々の生活から地球環境にやさしい生き方、社会のありかたについて考え、改善に向けた行動力を涵養する。
学生の到達目標  環境問題の種類と広がりを理解し、暮らしの中で環境を考えることができる。
持続可能な社会に向けた様々な取り組みに積極的に参加できる。
自然と人にやさしい環境とはどのようなものか、地域を通して実践することができる。
授業計画 1.オリエンテーション
授業内容の概要を話し、レポート課題について説明をする。次ぎに、それぞれの学生から環境問題について関心のあることを書いてもらい、問題点を話し合い整理する。
2.人口増加と地球環境問題。
3.日本の公害の概要
4.足尾銅山と酸性雨
5.水俣病と海洋汚染
6.オゾン層の破壊と地球温暖化
7.熱帯林の減少と絶滅危惧種の増加
8.原子力発電と再生エネルギー
9.水質汚濁
10.食料生産の先端技術と安全性(BSE、組み換えDNA)
11.食料自給率と食品ロス
12.廃棄物問題
13.地産地消の取り組み
14.環境にやさしい持続可能な社会
15.論述試験
なお、授業の進行状況によって、環境関連行事への参加や学外者による特別授業を行う。
準備学習 1.新聞報道の環境に関わる出来事は注意を払い、よく読んでおくこと。授業で取り上げて論じます。
2.環境に関わる事項のうち、関心のある事柄については日頃から勉強しておくこと。レポートや論述テストに生かすことができる。
評価の方法・観点 試験    40%  
レポート  40%  課題レポートを提出。
授業参加  20%  質疑応答、相互の意見発表など、授業への積極的参加を評価する。
メッセージ 人と自然にやさしい地域社会はどのようにして実現できるのか、考えてほしい。