本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


簿記検定演習(専門教育)

担当教員  杉本 龍紀
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   この科目は「簿記1」「簿記2」の発展科目として、日本商工会議所主催の簿記検定3級受験に必要な知識と技能を習得し、検定試験を受験し、合格することを目的とする。
学生の到達目標  ・日商簿記検定3級合格に必要な知識・技能を習得する。
・日商簿記検定3級の過去問題を解ける力を得る。
・日商簿記検定3級を受験し、合格する。

※次の条件のいずれかを満たす者のみが受講できることとする
 ・「簿記1」「簿記2」でともに、S・A・B、のいずれかの評価を受けた者
 ・上に相当する知識・技能があると担当教員が認めた者または相当の意欲があると教員が認めた者
授業計画 1.様々な試算表作成問題1(講義・演習)
2.様々な試算表作成問題2(講義・演習)
3.決算の流れと決算整理仕訳1(講義・演習)
4.決算整理仕訳2(講義・演習)
5.決算整理仕訳3(講義・演習)
6.決算整理仕訳4-費用・収益の繰延と見越(講義・演習)
7.精算表の作成(講義・演習)
8.精算表作成問題1(講義・演習)
9.精算表作成(講義・演習)
10.財務諸表の作成(講義・演習)
11.各種帳簿の締め切りと繰越試算表の作成(講義・演習)
12.帳簿の締め切りと繰越試算表作成問題
13.~15.検定試験総合問題研究
16.学習成果の獲得度を確認する定期試験
準備学習  テキストの叙述にほぼ従って授業を進めるので、テキスト・配付副教材の次回授業部分を必ず予習しておくこと。また、ほぼ毎回復習課題(練習問題)を課して、次の授業時に確認する。これは復習であるとともに、次に進むための予習でもある。必ず練習問題をやったうえで授業に臨むこと。なお、日商簿記検定3級の合格率はけっして高くないことに留意してほしい。比較的近い過去でも合格率が20%を下回ることもあった難しい検定試験である。とくに復習を繰り返すことが重要である。
評価の方法・観点 検定試験の内容と同レベルの定期試験(100%)。
メッセージ 検定試験合格に向けた強い意思と、継続的な学習時間を確保することが重要。