本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


簿記Ⅱ(専門教育)

担当教員  杉本 龍紀
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   企業の財政状態や経営成績把握の基礎となる商業簿記に関する技能を身につけるために、以下の学習を進める。
・商業簿記作業の大半を理解する。
・期中取引の仕訳を網羅して理解する。
・各種の帳簿の意義と記入法を学ぶ。
・「簿記1」とあわせて日本商工会議所主催簿記検定3級合格に必要な仕訳と帳簿記入に係る知識と技能を身につける (ただし簿記のすべてではないので、とくに検定合格を目指す学生は「簿記検定演習」も受講されたい)。
学生の到達目標  ・手形、有価証券、固定資産、様々な債権と債務等に関する取引を誤りなく仕訳できる。
・自営商業独自の仕訳(資本金や引出金など)ができる。
・様々な補助簿と補助記入帳の意義と仕組みを理解し、誤りなく記帳できる。
授業計画 1.様々な商品売買取引の仕訳(前払金、前受金、商品券、分記法)(講義・演習)
2.商品有高帳(講義・演習)
3.手形取引の仕訳(講義・演習)
4.手形取引と受取手形記入帳・支払手形記入帳(講義・演習)
5.有価証券に関する取引の仕訳(講義・演習)
6.有形固定資産に関する取引の仕訳(講義・演習)
7.その他の債権・債務に関する取引の仕訳1(講義・演習)
8.その他の債権・債務に関する取引の仕訳2(講義・演習)
9.資本金・引出金と税金に関する取引の仕訳(講義・演習)
10.訂正仕訳(講義・演習)
11.伝票会計(講義・演習)
12.仕訳日計表(講義・演習)
13.帳簿のまとめと補助簿の選択(講義・演習)
14.試算表の作成1(講義・演習)
15.試算表の作成2(講義・演習)
16.学習成果の獲得度を確認する定期試験
準備学習 テキストの叙述にほぼ従って授業を進めるので、テキスト・配付副教材の次回授業部分を必ず予習しておくこと。また、ほぼ毎回復習課題(練習問題)を課して、次の授業時に確認する。これは復習であるとともに、次に進むための予習でもある。必ず練習問題をやったうえで授業に臨むこと。
評価の方法・観点 学習成果の全体的な到達度を確認する定期試験(筆記試験/100点満点)で評価する。
メッセージ 簿記学習には積み重ねが重要である。とくに初心者の場合、一度でも欠席すると理解できなくなる可能性があることを留意されたい。分からない点を放置せずにすぐに質問してほしい。