本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


情報サービス演習Ⅰ(専門教育)

担当教員  高木 真美
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要  インターネットを中心とした情報検索について、一般的な理解を深める。利用者の質問に応じて情報を探す際に、より早く的確に探していくためのポイントを理解する。積極的な発信型情報サービスについても学び、あるテーマに関する情報を収集し、整理し、有用な情報として発信していくことを実際に行う。
学生の到達目標  1.図書館における資料提供、情報提供について理解し、利用者の求める資料・情報に対して、適切なレファレンスサービス、情報検索を行うことができる。
2.パスファンダーを用いながら、図書館利用者にわかりやすく資料や情報の説明ができる。
授業計画 1.情報検索とは何か、情報リテラシー(講義)
2.検索エンジンの使い方・キーワードの選択(実技)
3.検索の方法(AND ・OR・前方一致・後方一致ほか)(実技)
4.インターネット情報の提供者、情報の評価(講義)
5.販売されている出版物情報の検索(実技)
6.図書の検索1 地域の図書館(実技)
7.図書の検索2 総合目録(国立国会図書館 、国立情報学研究所)(実技)
8.雑誌記事・新聞記事の検索(実技)
9.電子ジャーナル(講義)
10.政府機関、行政機関(北海道)の情報(実技)
11.釧路管内・根室管内の地域情報(実技)
12.ビジネス情報の検索(実技)
13.発信型情報サービス(講義)
14.パスファインダーの作成1(実技)
15.パスファインダーの作成2 (講義)
準備学習 授業で示されたテキスト等の該当箇所を事前に読んでおいてください。
評価の方法・観点 授業の内容に合わせた複数の課題(70%)と最終課題(30%)を総合的に評価して決定します。
メッセージ