本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


キャリアデザインⅠ(専門教育)

担当教員  杉本 龍紀・佐々木 可奈恵
授業形態・単位等 演習、1単位
授業の概要   「キャリアデザイン1・2・3」では、その多くを就職に向けての様々な知識や技能の養成に注力する。それが第一の目的である。しかしそれは皆さんが豊かな社会と未来を創っていくための、人として豊かな人生を送っていくための第一歩を踏み出すものでもある。自分と社会を知り、社会の中でどう生きていくのかをそれぞれがデザインする力を得ること、それが第二の目的である。この一歩がどのようなものになっていくのか、それは皆さんがどんなビジョンを持って学生生活を過ごしていくのかにかかっている。キャリアデザインの試みは、すでに始まっている。「キャリアデザイン1」は、主に以下を目的として展開する。
・「職業とキャリア」を考える。
・社会の変化と就業について考える。
・就職活動の基本知識を得る。
・社会でキャリアを形成するために必要な事柄を学ぶ。
学生の到達目標  ・「仕事」「職業」「職業人」などキャリア形成に必要な知識を得る。
・短大生活の目標を定めることができる。
・自分分析により自分の特性などを知る。
・卒業後の進路を想定できるようになる。
・就業に必要な力を考え、自分の課題を明確にする。
・経済社会・地域社会などキャリア形成に向けて必要な事柄に関心を持つ。
・就職活動の基本的知識が身につく。
・キャリア形成に向けた自らの課題を明確にできる。
授業計画 1.オリエンテーション(講義・演習)
 概要、到達目標・授業計画・評価他、職業とキャリア
 短大生活の目標を設定する
2.社会の変化と現状、求められる就業力(講義)
3.「産業」「職業」「職種」等について考える(講義)
4.性格適性検査模擬試験と自己分析-様々な適性を知る(講義・演習)
5.キャリア形成に係わる個人面談1
6.キャリア形成に係わる個人面談2
7.社会を知る-新聞の読み方(講義・演習)
8.就職ガイダンス-就職活動の基礎、自己分析
9.就職試験の諸パターン、就職試験模擬問題体験(適性検査)(講義・演習)
10.就職講演会-卒業生による体験談
11.就職講演会-キャリアビジョンを作ろう
12.多数の他者への自己アピールにトライ(プレゼンテーション)
13.様々な就職試験筆記問題体験(一般常識)(講義・演習)
14.多数の他者への話し方のポイント、自己アピール相互チェック(講義・演習)
15.全体まとめ、夏期講義休止期間の有効な過ごし方、レポート説明(講義)
※ 就職ガイダンス・就職講演会の時期・回数や内容は変更することがある。
準備学習  常に「社会」に目を向けていることが必要。そのためには新聞をよむ習慣を身につけてほしい。同時に自分を見つめることも必要。生きること、働くことを考える姿勢をもつよう努め、行動すること。配付される『就職ハンドブック』をよく読むこと。
評価の方法・観点 就職講演会・ガイダンスの感想(40%)、演習的授業への係わりに関する観察評価と提出物(10%)、最終レポート(50%)により評価
メッセージ 主体的に将来を描く意欲が持てるようになってほしいと願っている。