本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


地域活動Ⅱ(専門教育)

担当教員  杉本 龍紀・佐藤 宥紹
授業形態・単位等 演習、2単位
授業の概要   「地域活動1」「地域活動2」「地域活動3」を通して、地域活性化などに向けた活動を地域で実践すること、プロジェクトワークによるこれらの学習を通じて「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」から構成される「社会人基礎力」を養成することを目的とする。
 このうち「地域活動2」では以下を目的とする。
・他地域のまちづくり・地域活性化の事例研究により、地域活性化事業の知見を得る。
・実行可能な地域活性化に係わる企画案を提案する団体等との打ち合わせ等を通じて、地域住民・地域諸団体という他者との協働力を培う。
・実行可能な地域活性化に係わる企画案作成に向けて、テーマを決めて調査を行い、集団的作業により企画案を立案・実行の準備をすることで、地域課題・地域資源の発見・改善・解決に資する地域人としての力と社会人基礎力を養成する。
学生の到達目標  ・多様なまちづくり・地域活性化の事例とその意味を列挙・理解できる。
・現実の地域課題や地域資源を「発見」し、その改善解決や利用の道を探ることができる。
・集団的作業を通じて、改善解決・利用の方法を具体的な企画としてまとめることができる。
・学外団体と連携・相互協力しあう地域活性化企画案立案を通して、地域の社会人として活躍できる基礎力の一部を得る。
授業計画 1.オリエンテーション(講義)
 概要、到達目標・授業計画・評価他、地域活動1のまとめ
2.地域活性化事例研究および整理(演習)
3.地域活性化事例発表(プレゼンテーション)
4.5.地域活性化・貢献グループ企画素案作成(グループワーク)
6.地域活性化・貢献グループ企画素案発表・評価(プレゼンテーション)
7.8.地域活性化・貢献グループ企画原案作成(グループワーク)
9.10.地域活性化・貢献グループ企画案調整(外部との調整含む)(グループワーク)
11.12.地域活性化・貢献グループ企画完成(グループワーク)
13.地域活性化・貢献グループ企画発表・評価(プレゼンテーション)
14.地域活性化・貢献グループ企画書作成(グループワーク)
15.地域活性化・貢献グループ企画実行準備(グループワーク)

※作業状況・作業内容等により、上記は変更することがある
準備学習 日常生活において、街の様子や変化に留意し、新聞等の地域情報に注目するとともに、自分を含めた地域住民の行動パターン(たとえば、どこで買い物をするか)などにも留意する。さらに地域の地域活性化事例を継続的に研究する。これらが重要な準備学習になる。
評価の方法・観点 まちづくり・地域活性化事例研究(10%)、企画案作成グループ作業への係わりの観察評価(50%)、グループ企画内容(30%)、外部との交渉・調整等の観察評価(10%)により評価する。
メッセージ 何よりも積極的に地域に関心をもち、地域とかかわる意思をもってほしい。