本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


フランス語(一般教育)

担当教員  高橋 忠一
授業形態・単位等 演習、2単位
授業の概要   はじめてフランス語の勉強に取り組んで、1年間で現代フランス語の基礎を一通り学ぶことを目標にします。同時に、フランス語の文法だけではなく、簡単な表現の練習と現代フランスの文化についての説明も行う予定ですが、とくにコミュニケーション能力を重視した授業を考えています。
学生の到達目標   フランス語を使った日常の基本的な表現のいくつかを実際にコミュニケーションが成り立つように繰り返して練習しながら、同時にフランスの文化に触れて少しでも自分の感性や知識の枠を広げることを目標にします。
 具体的なには、フランス語を筆記体で書くことができるようになること、基本的な文章を正しく発音できるようになること、同時に基本的な文章を辞書の助けを借りてその内容を把握できるようになることを目指します。
授業計画 1.ガイダンスと導入。フランス語はどういう言葉か。英語とどう違うのかを説明します。この最初の授業を受けて最終的にフランス語を受講するかを決めてください。
2.フランス語の発音の原則を学びます。いわゆるローマ字の読み方が基本です。授業後は復習としてできるだけ声を出して反芻してください。
3.筆記体の書き方を学びます。復習事項として実際に何度も書いてください。
4.5.物の名前を正確に言う練習。名前を口にするだけでもコミュニケーションが成立することを学びましょう。さらに、名詞には性があること、単数と複数のあることを学びます。テキストの演習に目を通してください。
6.7.フランス語の一般動詞について学びます。それらの基本的な動詞を使い習慣になっている行為や仕事や住んでいる場所について話す練習をします。文の構造について事後に理解を確実にしてください。
8.人称に応じて動詞の語尾が変化することを学びます。基本的な動詞を使って好き嫌いの言い方の練習をします。テキストの演習問題をかならず繰り返しておいてください。
9.否定形と疑問形について練習します。復習として疑問に対して肯定で答える場合と否定で答える場合それぞれを実際に発音し、書いてください。
10.11.英語のbe動詞にあたる言葉を使って人の職業や身分や特徴などを表現する練習をします。
12.不規則な語尾の変化を覚えます。語彙を増やしましょう。
13.14.英語のhave動詞にあたることばを使って表現力を増やす練習をします。重要な慣用表現を覚えます。
15.ここまでの表現をもう一度振り返ってみます。復習することによってどのくらい理解できているかを計ります。
16.前期の最終授業です。ここまでの学習のまとめを行い、理解度をはかる筆記試験を行います。
17.18.数を使った表現を練習します。日にち、年齢、サイズなど。
19.20.場所の移動を表す不規則動詞の使い方を学びます。
21.22.誰?と何?についての表現を練習します。表現の違いをよく復習してください。
23.24.可能性、許可、依頼などの表現の練習をします。
25.26.人称代名詞の使い方を学びます。主語になる人称代名詞だけでなく、ここでは目的語になる人称代名詞の使い方も練習します。
27.28.主語と同一の目的人称代名詞をともなう代名動詞の使い方を学びます。
29.30.過去の表現を練習します。基礎文法の最後のステップです。
31.ここまでの学習内容をおさらいします。
32.期末のテスト(筆記試験)を行います。
準備学習  どんな言葉でも最初は規則や言葉を覚える作業が欠かせません。復習をすることができれば勉強がとても楽しくなります。分からないことば、意味を忘れてしまったことばなどを辞書を引いて調べるという経験がとても大切です。どんなことでも分からないことが分かるようになる、ということはとても楽しいことです。
評価の方法・観点  基本的には、前期と後期の期末に理解度をはかる筆記試験を行い、評価を行います。ただし授業への出席状況と授業態度の要素も大切なので、履修する場合は休まないで出席してください。特別に理由のない授業の欠席が4分の1を超える場合は期末試験の受験を認めず単位の認定を行いません。
 フランス語の辞書については、『パスポート仏和・和仏小辞典』(内山陽哉他偏、白水社)を用意しました。テキストと同時に購入してください。ただし、すでにフランス語を含んだ電子辞書などを持っている場合はそれを使用してください。
メッセージ 特に外国語の勉強は休まないで続けることが大切なので、欠席をできるだけ避けてください。