本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


化学(一般教育)

担当教員  渡辺 剛志
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   化学は物質について学ぶ学問である。自然界に存在する物質はすべて原子からできている。我々の身の回りにあるすべての物質は、この原子の組み合わせによって多様に構成されている。最近では、これまでになかった新しい物質が開発され、我々の生活にも入り込んでいる。化学の基礎と応用の両方の観点から知識の習得を目指す。
学生の到達目標  1.様々な計量器具(定規、ノギス、マイクロメータ―等)を用いた計量の演習を通して、有効数字や単位について学ぶことで、正しい計測を行い、適切に数字を扱うことができる。
2.原子や分子、それらの結合および性質について学び、物質の構造について基本概念を説明できる。
3.我々の身の回り物質やエネルギーについて、その概要を説明できる。
授業計画 1.ガイダンス 計量演習1
 授業概要、計画、評価について説明、有効数字の使い方
2.計量演習2
 単位の歴史、国際単位系(SI)、体積、密度計算
3.物質の構造1
 原子、分子、およびイオンの概要
4.物質の構造2
 イオン化と電気陰性度、原子の電子配置
5.物質の構造3
 放射能と放射性元素
6.物質の構造4
 物質の基本粒子の結合(イオン結合、共有結合)
7.有機化学
 官能基の種類、水と油
8.無機化学
 純物質、混合物、遷移元素
9.電池
 めっき、ニッケル・水素電池、リチウムイオン電池、燃料電池
10.化石燃料
 石炭、石油、ガス
11.放射性物質
 年代測定、半減期
12.触媒とその応用
 化学反応、金属触媒、生体触媒(酵素)
13.洗剤
 界面活性剤、トイレタリー製品
14.プラスチック
 合成繊維、生分解性プラスチック
15.発酵
 酵母や糸状菌、酒類、パン
16.定期試験
準備学習  科学技術の発展は日進月歩であり、日々新しい知見が生まれている。新聞やテレビなどで伝えられる情報にアンテナを張り、知識の幅を広げてほしい。授業の開始時にどのようなことを知ったか尋ねることがある。参考資料などは適宜紹介する。
評価の方法・観点 講義終了後、定期試験(筆記)で評価する。再試験は一度に限り行う。
メッセージ 身の回りにある物質について学びたい学生は是非受講してほしい。授業では電卓を持参すること。