本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


経済学(一般教育)

担当教員  杉本 龍紀
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   現代の人間は一人では生きていけない。「社会」の中で生き、働いてお金を得て、そのお金で他の誰かが作ったモノやサービスを買うという経路で人とつながっている。また、消費税をはじめとする税金を支払う経路により、誰でも「経済」と日々かかわるのだから、私たちは「経済」を避けては生きていけない存在である。そこで次を目的として講義を進める。
・話題となっている経済的事象に対する見解をもつ。
・経済・経済学の基本概念・用語を知る。
・新聞の経済欄を読む基礎力を身につける。
・日本の社会経済の特徴を理解する。
学生の到達目標  ・話題となっている経済的事象・課題を指摘・列挙できる。
・経済・経済学の基本概念・用語の意味を説明できる。
・新聞(一般紙)に登場する主要で基本的な経済用語を理解・説明できる。
・日本の経済社会の諸特徴や問題点について見解を持てる。
授業計画 1.オリエンテーション
 科目説明(概要・到達目標・授業計画・準備学習・評価の方法や観点など)
 経済・経済学を学ぶ意味、経済に関する受講者の関心調査
2.日本の経済状況1(講義)
 近年日本の経済情勢-行き詰まる経済・「アベノミクス」の機能不全・拡大する格差
3.経済理解の基本1:GDP(講義)
 GDPと経済成長、経済成長とその要因
4.日本の経済状況2(講義)
 近年の経済政策を考える-「アベノミクス」なるものとその機能・機能不全
5.日本の経済状況3(講義)
 広がる経済的・社会的格差
6.経済理解の基本2:市場による調整と格差(講義)
 市場社会とは 市場の機能 均衡価格下での格差
7.経済理解の基本3:市場の問題性(講義)
 完全競争の非現実性、常態としての不均衡、自由な市場の歪み
8.経済理解の基本4:市場の失敗(講義)
 市場の失敗とは、政府の必要性とその役割
9.経済学の基本5:市場の問題点(講義)
 市場による需給調整の問題点と限界 政府の役割
10.経済学の基本6:格差と所得再分配(講義)
 市場経済と不平等・格差、格差対策としての所得再分配、社会保障の役割
11.経済学の基本7:景気とその循環と変動a(講義)
 景気判断、景気循環、景気対策
12.経済学の基本8:景気とその循環と変動b(講義)
 景気対策とその限界、景気変動の意味
13.経済学の基本9:円高と円安(講義)
 円高・円安とは、外国為替相場の変動要因、円高・円安と暮らし
14.経済学の基本10:お金とは(講義)
 お金(貨幣)の役割、金融とは
15.まとめ(講義)
 現代の経済と社会
16.学習成果の獲得度を確認する定期試験
準備学習  原則として次回の授業で取り上げる内容の一部について事前学習事項を指示し、事前学習を行ったことを前提に授業を進めるが、それ以上に日々のニュースに関心をもつこと、とくに新聞を読む(見る)ことが最良の準備学習である。
評価の方法・観点 各回の授業の最後に提出を求める「今日のポイントと疑問・質問」の評価点(内容により毎回最高5点)と学習成果の全体的獲得度を確認する定期試験(100点満点)の合計点を100点に換算して評価する。
メッセージ 社会的な事象に疑問を持つこと、それが何よりも大事です。それらを理解し、疑問を解こうという姿勢を持ってください。