本文へジャンプ
生活科学科生活科学専攻のシラバス


文学(一般教育)

担当教員  小田島 本有
授業形態・単位等 講義、2単位
授業の概要   釧路と関わりのあった文学を学ぶため、本講義では石川啄木、原田康子、桜木紫乃を取り上げる。その際には以下のことを目的として講義を進める。
1.石川啄木と釧路との関わりを理解する。
2.原田康子、桜木紫乃と釧路との関わりを理解する。
3.『挽歌』『起終点駅 ターミナル』を実際に読み、その作品世界を理解し、鑑賞する。
学生の到達目標  1.石川啄木と釧路との関わりを理解する。
2.『挽歌』の歴史的意義、釧路にもたらした影響力を具体的に説明できる。
3.『起終点駅 ターミナル』に収められた短編を実際に読み、その価値を具体的に説明できる。
授業計画  基本的には講義だが、必要に応じて学生への質問やグループ学習を入れる。
1.石川啄木と釧路
2.原田康子『挽歌』 第一章・第二章
3.   〃     第三章・第四章
4.   〃     第五章・第六章
5.   〃     第七章・第八章
6.   〃     第九章・第十章
7.   〃     第十一章・第十二章
8.   〃     第十三章・第十四章
9.   〃     第十五章・第十六章
10.桜木紫乃「かたちないもの」(『起終点駅 ターミナル』所収)
11.  〃 「海鳥の行方」( 〃 )
12.  〃 「起終点駅 ターミナル」( 〃 )
13.  〃 「スクラップ・ロード」( 〃 )
14.  〃 「たたかいにやぶれて咲けよ」( 〃 )
15.  〃 「潮風の家」( 〃 )
準備学習  シラバスに沿った形で講義を進めていくので、事前に該当箇所を読んでくるのが望ましい。
評価の方法・観点  試験(記述式、1600字)によって評価する。
メッセージ 釧路を理解する石川啄木、原田康子、桜木紫乃はいいきっかけとなります。是非ともその作品世界に触れてみてください。