本文へジャンプ
教員が有する学位と業績


岡本匡代(オカモト マサヨ, Masayo OKAMOTO)

 職位 准教授
 学位 博士(農学)
 所属学会 日本畜産学会、日本栄養改善学会、北海道畜産草地学会、日本栄養・食糧学会
 専攻分野  食品科学 
 主な研究課題 動物資源利用
 主な研究業績 著書
食べ物と健康1 食品の分類と成分(共著)2017,三共出版株式会社,71-85頁(肉類)を執筆
新ポケット食品・調理実験辞典(共著)2016,幸書房,基礎化学実験および一般操作関係用語を執筆

学術論文、研究報告書等
特集-ニホンジカの食資源化における衛生の現状と将来展望-おいしいシカ肉,おいしい生活(共著)2012,獣医畜産新報,第65巻6号
シカ肉食の再定着は,人とシカの共存に寄与する(単著)2012,酪農ジャーナル,第65巻7号
Seasonal changes of the mineral contents in the rumen of wild Yeso sika deer (Cervus nippon yesoensis)(共著)2012,Animal Science Journal,Vol.83
野生エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)筋肉中の極性脂質の特性(共著)2014,釧路短期大学紀要,第42号
野外で内臓を摘出したエゾシカ枝肉の衛生状況(共著)2015,哺乳類科学,第55巻
黒毛和種を用いた食味官能検査(共著)2015,牛肉の美味しさに関する情報等の活用検討委員会活動報告書,(一社)北海道酪農畜産協会
エゾシカ嚥下調製食の開発と試験的提供(共著)2017,臨床栄養,第130巻2号
黒毛和種の胸最長筋ならびに周囲筋の嗜好型官能評価(単著)2017(2),北海道肉牛研究会報
おいしいシカ肉生産マニュアル(共著)2017,JRA事業畜産振興事業
シカ肉等級ガイドライン(共著)2017,JRA事業畜産振興事業
黒毛和種の脂肪交雑形状および消費者型官能評価との関係性(共著)2017,日本畜産学会報,第88巻

学会発表
黒毛和種の小ザシが食味官能検査結果に与える影響(共同)2015,日本畜産学会119回大会
野外でシカの衛生的な内臓摘出は可能か(共同)2015,「野生生物と社会」学会第21回大会
黒毛和種の胸最長筋ならびに周囲筋の嗜好型官能評価(共同)2016,日本畜産学会121回大会
エゾシカ嚥下食の嗜好型官能評価(共同)2016,日本栄養改善学会63回大会
特別養護老人ホームにおけるエゾシカ嚥下調整食提供の試み(共同)2016,日本栄養改善学会63回大会
黒毛和種の胸最長筋ならびに周囲筋の嗜好型官能評価(乾式調理)(共同)2017,日本畜産学会122回大会
 その他の活動 FMくしろ「エゾシカ・ゼミナール」ナビゲーター(2009-) くしろエゾシカシンポジウム-みんなでエゾシ会議inくしろ主宰(2011-2014) 女性のハンティングネットワークTWIN(The Women in Nature -shoot & eat-)副会長(2012-) 北海道エゾシカ対策有識者会議構成員(2013-)
 主な担当科目 食品学総論,食品学各論,食品加工学,食品学基礎実験,食品学応用実験など
 主な学内業務 入試委員長,入学資格審査専門委員長,自己点検評価委員および動物実験委員