本文へジャンプ
教育研究上の基礎的な情報-教育環境

釧路短期大学の教育環境、アクセス(交通手段)
 校地の基準面積は、収容定員×10㎡であるが、現在の校地面積は9,732㎡で、基準面積の2,000 ㎡を充分に満たしています。
 校舎は基準面積3,250㎡ で、現有面積は3,775㎡ であり充足しています。講義室5、実験実習室1、実習室4、情報処理演習室1、音楽室1、ピアノ練習11室等の施設構成で各講義内容によって有効に活用されています。
 また、学生の自主・共同学習のための「ラーニング・コモンズ」を設置し、利用目的に応じたスタイル(個人・グループ、可動式テーブル・イス、PC等機器備品貸出し)で学生が自由に学習できる環境を整えています(平成25年度私立大学等教育研究活性化設備整備事業採択により)。 さらに学生の能動的な学びを促す授業環境や論文・レポートほか文章作成を支援するライティング支援環境(平成26年度・・)などの学習支援環境の整備をすすめています。体育館、学生ホールは本学園の併設校と共用です。 

教育環境
  収容定員 校舎 校地
基準面積 現有面積 差異 基準面積 現有面積 差異
釧路短期大学
200人
3,250㎡
3,775㎡
2,000.㎡
9,732.㎡
その他共用
1,159m2
12,634㎡
4,934㎡
22,366㎡
交通手段
くしろバス
JR釧路駅バスターミナル(3番武佐線)乗車
緑ケ岡3丁目下車
タクシー
JR釧路駅より約10分(約1,000円)